犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪我をしてしまわないようにするために、是非とも直しておかなくてはいけないものです。
そのためには、まずその行動の原因を知ったうえで、しつけのコツを知る必要があります。
他にも、犬のよくある困ったクセをやめさせる方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のしつけの順番を解説。最初にする事としつけのポイント

年願だった犬を飼うことになったときは、ワクワクと同時にしつけの不安があるでしょう。いくら可愛...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

スポンサーリンク

犬が頻繁に噛むようになったら、原因を知ってからしつけをしよう

犬の噛むという行動には必ず原因があります。

人間なら言葉で伝えることができますが、犬の場合はそれができません。何かを伝えようとしてもわかってもらえないときや、自分の欲求が不満などを通そうとするときに噛みついてしまうことがあります。また、不安や恐怖を感じて噛む場合もあります。

犬の噛みつきをやめさせたい時は、まずその原因を探ってみてください。

例えば犬が噛んでいるガムを取り上げたとき、ご飯を食べているときになでようとして噛まれた場合はわかりやすいですよね。犬は夢中になっている物を横取りされると思い、噛んで守っているのです。飼い主にしてみたら取り上げたという意識はなくても、犬にはそれはわかりません。

子犬が噛む場合は歯の生え変わりが関係していることが多いです。

歯が抜けたり生えてくることで、口の中がむず痒くなり噛みたくなってしまいます。

散歩から帰ってきて足の裏を拭いているときに噛んでくることもあります。

犬の足の裏や尻尾、お尻といった場所はとてもデリケートな部分です。そのような部分を触られても全く気にしない犬もいますが、神経質な犬は触られることを嫌がります。これまで噛まれることがなかったのなら、ずっと我慢していたのでしょう。触られるのが嫌だという気持ちを伝えたくて噛んでくるのです。
傷があったり痛みがあることで嫌がる場合もあります。これまで問題なく触ることができたのに急に噛むようになったのなら、触ったら噛む部分を確かめてみてください。普段の様子も確認し、念のため動物病院へ連れて行ってください。

来客や配達の人を噛む場合もあります。

これは警戒心から噛んだと考えてください。普段からよく来ている人なら、最初から警戒をしていたのです。犬はいつか噛んでやろうと考えていたのかもしれません。

このように犬の噛みつきには原因があります。犬の気持ちを理解した上で、噛みつきに対処することが大切です。

犬が噛んではいけないものを噛む時には、まずこうやってしつけよう

家具や洋服、靴など噛んで欲しくない物を噛んでいる時は、噛んではいけないことを教えてください。

噛んでいる最中に「だめ」「いけない」という言葉をかけて注意をします。叱る時に高くて大きな声を上げてしまうと、犬は喜んでいると勘違いする可能性があります。名前を呼んで叱ることも避けてください。名前を呼んで叱ると、名前=悪いことという印象を持ち、名前を呼んでも無視するようになる可能性があります。名前を呼んで飼い主に集中させることは他のトレーニングにおいてとても重要です。
叱るときは普段の声とメリハリをつけ、低い声ではっきりと伝えるようにしてください。長々と説教しても犬は理解しませんので、短く単語だけで叱るようにしましょう。
洋服や靴を噛んでいるときに、代わりに噛んでもいいような古い服や靴を与えるのは逆効果です。犬にとっては新しい、古いはわかりません。服や靴はどれも噛んではいけないと教えてください。

噛むクセのある犬をきちんとしつけるには

犬の噛むという行為には原因がありますので、その原因に合わせて対処してください。

犬がガムやご飯を食べているときに噛んでくるのは、自分の大切なものを守っているためです。この場合は飼い主の行動を改めることが必要です。フードを食べている時になでたり器を触る必要はありません。むやみに手を出さないようにしてください。ガムの場合は飲み込みそうで危険と感じて取り上げたいときがありますよね。その場合はまず犬の気を他の物にそらし、ガムを離したすきに取り上げるようにしてください。お気に入りのおもちゃで誘ってみたり、玄関のチャイムを鳴らしてみたり、または他のおやつを少しだけ与えてガムを手放すようにしむけます。

洋服や家具などを噛む場合は、噛んではいけないことを教えないといけません。噛んでいるときに大声を出して注意しても、飼い主の大声を喜んでいる声と勘違いして、余計噛んでしまうこともあります。噛んだらかまってもらえると勘違いして覚える恐れがあります。洋服や家具を噛んでいる場合は、注意した上で噛んでも良いおもちゃを与えてみてください。市販のおもちゃには噛んで楽しむように作られたゴム製やロープなどのおもちゃがあります。犬にとって噛むという行為は遊びだけでなくストレス発散でもあります。

木製家具を噛んでしまう場合は、犬が嫌いなニオイをスプレーして噛むことを防いぐようにしましょう。犬が舐めても安心な素材でできているスプレーが市販されています。犬はそのニオイを避けますので、そのうち家具に近寄ろうとはしなくなるはずです。

犬が靴を噛んだり、隠したりする時のしつけは

靴を噛んだり、どこかに隠してしまう犬もいます。靴は飼い主のニオイが感じられるため、犬にとっては安心できてお気に入りの物なのでしょう。犬が靴を噛んでいるのを見たら、慌てて取り戻そうとしないでください。飼い主が声をあげなが追いかけてくることで、犬は遊んでもらっていると勘違いしてしまいます。靴を噛んだら遊んでもらえると覚えてしまうと、靴を噛み続けてしまうでしょう。

靴は革やゴムからできています。犬は革のにおいを好みますし、ゴムは犬のおもちゃのように感じられます。靴は犬にとっておもちゃのひとつのようなものです。しかも大好きな飼い主のにおい付きで噛み心地も良いのなら、お気に入りのおもちゃになってしまうでしょう。

犬が靴に執着していても慌てて取り上げようとはしないで、冷静に落ち着いて靴を取り上げてください。犬がこれみよがしに靴を噛んで見せてきても無視をしてください。

靴を噛むと飼い主から遊んでもらえず、嫌なことがおきると印象づけるようにします。靴に犬が嫌がる臭いや味のスプレーをかけておくのも良いでしょう。
靴を犬が届かないところに片付けておくことも大切です。

犬が散歩中に他の犬に吠える時のしつけは

犬が散歩中に、他の犬に向かって吠えるというのもやめさせたいですよね。我が家の犬は散歩中の犬を見つけると、まるで獲物を見つけたときのように体を伏せて攻撃体制に入ります。そして近くに来たときにいきなり吠えかかります。リードがなかったら噛みついていたことでしょう。

散歩中に他の犬を見つけたら、進路を変えてすれ違わないようにします。

または道の端に寄って距離をとるようにしてください。
他の犬が近くなってきたら、犬の気をそらしたり、または犬の名前を呼んで飼い主に集中させます。この時、おやつを使うと効果的です。他の犬が近づいてきたら名前を呼んでおやつを与え、気をそらしてください。

犬が他の犬に吠えてしまうのは警戒によることが多いです。近づいてすれ違っても大丈夫だと教えてあげましょう。犬が吠えだすと飼い主はなんとかしなくてはと焦ったり慌ててしまうことがありますが、それでは犬が更に警戒をしてしまいます。犬は飼い主の様子をしっかりと見ていますので、飼い主自身も落ち着いた態度でいることが大切です。冷静な態度で犬におすわりをさせて落ち着かせてください。

犬が吠えたり噛んだりすることを防ぐためには、まず犬の気持ちを理解し、原因に合わせて対処してください。飼い主は犬の見本であり群れの中のボスの存在です。落ち着いた態度で犬と向きあうことも大切です。