犬のトイレの設置場所の考え方とトイレトレーニングの方法

犬を飼い始めたらまずはじめに愛犬にしつけておきたいのがトイレでの排泄です。

ペットショップのようにケージ内にトイレを置いてもいいの?部屋のあちらこちらにトイレシートを置くのがいいの?と、犬を初めて飼う人にとってトイレトレーニングは未知の世界でしょうから、当然トイレの置き場所についても頭を悩ませていることと思います。

今回は、犬のトイレの設置場所に困っているあなたのために、犬が好むトイレの設置状況やトイレトレーニングの進め方を紹介していきます。
愛犬を、決まった場所で排泄ができるいい子に育てるためにも、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょう...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

スポンサーリンク

目次

犬のトイレは特定の場所に決めて設置してあげましょう

犬のトイレトレーニングが完了するまでは、失敗はつきものです。

失敗した後の掃除の事を考えると、トイレシートを広く敷き詰めたくなりますが、これはお勧めしません。敷き詰められていると犬はどこにして良いと思ってしまう可能性が高いです。トイレで排泄することや犬がトイレの場所を覚えるためにも、敷き詰めるのはやめましょう。

トイレの場所によっては犬がトイレをしにくくなって我慢したり違う場所にすることもあるので、設置場所もポイントです。

子犬の内はサークルやケージの中で過ごすことも多く、その中にトイレを入れる人も多いですが、別にすることをお勧めします。これは人間で言うと寝室に便器があるようなものですし、いずれは散歩中にも出来るようにさせたい場合も向いていません。

なお、ペットショップなど元居た場所のトイレの習慣が残っている場合もあります。
いきなり人間の都合の良い場所にトイレを設置してもその場所に出来るとは限りません。

犬がしやすい場所があるなら、その場所をトイレの場所にするのがお勧めです。
もしも、その場所が人間にとって都合の悪い場所なら、少しずつ場所を移動していくと良いでしょう。

犬のトイレの設置場所に適した条件

実際に犬のトイレの場所は家の中のどんな場所が良いのかご紹介します。

トイレの場所は人間と同じで出来るだけ静かに落ち着いて出来る場所が最適です。排泄中は無防備な状態のため、視線を感じる場所やうるさい場所は犬にとっても嫌な場所です。

犬にとって落ち着かない場所にトイレがあると、他の場所でしたり我慢に繋がります。
人通りの多い場所や、寝床や餌場に凄く近い場所は避けるようにしてください。

また、犬が好きなタイミングで自由に行くことが出来る場所にある必要もあります。

臭いや見た目を気にして人間用トイレなどに置く人もいますが、その場合はドアを開けっぱなしにしなければいけません。ドアが閉まってると犬が自由にトイレにいけないような場所にトイレを置くことがないようにしてください。

さらに、犬は排泄の前に場所を決めるようにグルグル回ることがありますので、動き回れる空間があるとベストです。

ドアを開けっぱなしにしていつでもトイレに行ける環境を整えられるなら、個人的には洗面所がお勧めです。洗面所の床は水分に強い素材が使われている事が多いので、トイレに失敗しても掃除が比較的簡単です。換気扇が付いているので、臭いも気になりにくく、流し台やお風呂でトイレトレーの掃除もしやすいです。

ケージ内のトイレ設置が適さない理由

犬のケージやサークル内にトイレを置くのはお勧めしないと説明しましたが、ペットショップなどではトイレシートが一緒に入っている事を良く目にします。そのため、入れておいた方が良いのかな?と思う人も少なくありません。

しかし、寝室に便器があるような物とお話しした通り、犬も寝床のすぐそばにトイレがあるのは嫌で、犬を含め多くの動物はトイレは寝床から離れた場所にする習慣があります。

トイレのしつけをする場合は、ケージやサークルの外に離して設置するのがお勧めですが、外出中など長時間ケージやサークルに入れておく場合は中にトイレが無いのも心配です。
成犬になれば排泄のタイミングをコントロールできるようになってきますので、ケージに入れるとしても少しの時間ならわざわざケージ内にトイレシートを入れて行かなくても良いでしょう。

ただ、子犬の時はあまりコントロールが上手ではないので、トイレが我慢できなくなってしまう事があります。普段はケージ内にトイレを設置しない方がいいですが、長時間ケージ内に入れておかなければいけない状況の時は、トイレが出来るようにトイレシートを入れてあげた方が良いでしょう。

ケージ内のトイレは、あくまでも長時間留守にする場合などの一時的な措置とします。

ケージ内に犬のトイレを設置したい時には置き場所に注意しましょう

一人暮らしや共働きなど、どうしても犬が一人で過ごす時間が多くなる家庭環境だと、ケージやサークル内で過ごす時間が増えてしまいます。しつけが完了したら室内で自由に過ごすことが出来ますが、いたずら好きの性格だと野放しにするのは心配なので、成犬になっても留守の間はサークル内で過ごさせることもあるでしょう。

長時間サークル内で過ごす場合は、どうしてもサークル内にトイレが必要になってしまうケースもあるでしょう。

その場合は、ケージ内の空間を寝床とトイレの空間をはっきり分けるように作ってください。

同じ空間にただトイレシートが置いてあるだけだと、一つの空間という認識が強くなってしまいます。寝床代わりのケージを置いたり、板を使ってトイレと寝床を間仕切るのがお勧めです。

さらに、トイレは出来るだけ壁側に置いたりして落ち着いて出来る環境を整えてあげます。

なお、サークルを部屋の中に置くと結構スペースを取りますし、大きいので圧迫感を感じることがあります。部屋の隅の方に置くと邪魔になりにくいですし、犬も落ち付けやすい空間になります。

サークル内のスペースにゆとりがあるなら、寝床とトイレの間を出来るだけ開けたり、寝床とトイレ以外のスペースを作ると犬にとっても過ごしやすい空間になります。

犬のトイレの場所がきまったらトイレトレーニングを開始

犬のトイレのしつけをするときは、トイレの場所はある程度決めてから始めます。

トイレのしつけのポイントは、上手に出来た時はちゃんと褒めることです。逆に失敗したときは叱ったり、大きな声を出してはいけません。

人間的には犬が間違った場所でしたり、はみ出しているから叱ったという理屈がありますが、犬にとってはどうして怒られたのか理解できない場合があります。

犬が叱られた理由を、排泄をしてはいけないと怒られた等間違えて解釈すると、トイレを我慢したりトイレではない場所で排泄するようになってしまいます。
もしも犬が失敗した場合は、怒りも褒めもせずただ片付けをします。

トイレの場所を覚えさせるためには、上手に出来た時にだけしっかり褒めてあげるのが基本です。

ただ、褒めてもなかなか決まった場所で出来ない場合は、おやつを使うのも有効です。

トイレを成功したときだけおやつを貰えれば、食いしん坊な犬は特におやつが欲しくて学習します。

おやつを使って覚えたからといって、ちゃんと覚えた後はおやつをあげなくても正しい場所で出来るようになっているはずです。

また、子犬は人間の子供と同じように排泄を上手く自己管理出来ない場合があります。トイレの時間を見計らったり動作で察知してトイレを促してあげましょう。

それを繰り返しているうちに、自分で管理できるようになっていきます。