犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。
待てのしつけを愛犬が覚えることができたら、外出先でのトラブルも回避できるようになります。しかし、どのように教えるのが犬にとってわかりやすいのでしょうか?

そこで、犬に待てを上手に教えるしつけのやり方とポイントについてお伝えしていきましょう。

待てのトレーニングを始めてもなかなかできない犬もいるでしょう。そんなときでも焦らずにゆっくりと根気よく教えていけばいつかできるようになります。
待ては愛犬の身を守ることにも繋がりますので、ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期にな...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬の散歩は大切!ストレス解消などのメリットと散歩のポイント

犬に散歩をさせることはどうして必要なのか、散歩は毎日したほうがいいのかお悩みの飼い主さんもいるのでは...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするに...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

スポンサーリンク

犬のしつけで待てができるようになるととても便利

ご飯を待たせるときに使うイメージが大きい待てですが、待てができるようになると他にもメリットがあります。

犬の散歩をしているときに他の犬やすれ違う人に向かって行ったり、興味があるものを見つけると飛び出して危ない思いをしてしまうことがありますが、待てができるようになると、散歩中の危険から愛犬の身を守ることにもつながります。

また、飼い主の指示で待つことができると良いことがあると学習してもらうことができれば、飼い主との信頼関係を築くことにもつながります。

飼い主の食事の時間にも人間の食べ物を欲しがってしまう犬が多いですが、しっかりと待てを覚えさせておくと、いい匂いにも負けずにじっと待つことができるようになるでしょう。

動物病院での受診の際にも他の犬や猫、人に近づくことも多くていろいろなにおいもして落ち着かせることが難しいですが、待てができると落ち着かせやすくなります。

犬に待てをしつけする前に準備をしましょう

待ては座った状態や伏せの状態で教えるので、待てを教える前にはおすわりや伏せができるようにしつけをしてから教えていきます。

おすわりはおやつを持った手を、首を上げてすぐ上を見る姿勢になるように犬に近づけて尻尾の付け根の腰あたりを反対の手でトントンします。
自然と座る姿勢になるので、「おすわり」と声をかけて褒めておやつを与え、繰り返すとすぐに覚えてくれるでしょう。

伏せもおやつを使って教えると簡単に覚えてくれます。
飼い主が体育座りの姿勢で座り、膝の下を犬が通れるように足先を少し前に出します。
おやつを持った手を足の下をくぐらせて犬に見せ、犬が膝の下をくぐるように誘導し、ひざ下で伏せの体勢になったら「伏せ」と声をかけて褒めておやつを与え、繰り返し教えます。

待てを教える時にはいつまで待てばいいのだろうと犬が混乱しないように、「待て」と同時に「よし」も教える必要がありますが、短い時間から長い時間まで待てるように教えなければならず、待ては完全にできるようになるまでは時間がかかってしまうので根気よく教えてあげましょう。

待てのしつけをする時にはご褒美のおやつを用意し、集中力が切れてしまうような気が散るおもちゃなどは全て片付けましょう。

飼い主に対して集中力が向くように仕向け、犬の集中力が切れてきたと感じた時には無理に続けずに次の日にして、練習を頑張ったことを褒めてあげてください。

犬に待てを上手に教えるしつけのやり方を紹介

待ての練習をする時は犬を座らせて飼い主が犬の前に座り、伏せの状態で教える時にも伏せをさせた犬の前に飼い主が座ります。

ご褒美のおやつをひとつ手にのせ、犬の視線よりも少し高い位置にしたら反対の手で犬の顔の前で手のひらを向けて合図しながら「待て」と声をかけます。
はじめは1秒ほど待たせて「よし」と声をかけて褒めながらおやつを与えます。

徐々に時間を延ばしていって長く待てができるように練習し、「待て」「よし」の言葉と合図を覚えさせて意味を理解させます。

よしの指示の前にお尻が上がってしまう時には、おやつを与えないように徹底しましょう。

できるようになったらおやつの回数を減らして指示と褒めるだけにしていき、違う環境でもできるようになるために外でも練習してみましょう。また、待ての指示を出す飼い主との距離も徐々に遠ざけてみましょう。
待てをさせながら飼い主が1歩ずつ下がり、少し離れた状態でも指示が聞けるようにすると後に役立ちます。

待てをなかなかできなくても焦らずにゆっくり練習しましょう

はじめのうちは待つ時間を1秒から始め、待てたら褒めてもらえるという成功体験をたくさんさせ、2秒、3秒と待たせる時間を延ばしていきます。

待ちきれずに動きそうになったら合図をして待ての指示をし直し、動いてしまった時にはもう一度少し短い時間から練習し、褒めて上手にできたところで練習を切り上げ、練習時間を楽しいまま終わらせます。

外の音などが気になって集中できないような時には練習をやめて、静かに集中できる時間に練習するようにしましょう。

また、眠い時や寝起きに練習しようとしても集中力が続かないので、元気で機嫌の良い時間を見計らって練習してください。

うまくできなくても練習が怖い、嫌だと思われないために絶対に叱ってはいけませんし、信頼関係が崩れることにもなってしまうので叱らないようにしましょう。

時間はかかりますが、できるようになると信じて根気よく教え、温かい目で見守ることが大切です。

家以外の場所でも待てができるように訓練していくこと

犬に教えた芸やしつけは、普段使うことが少ないと犬は忘れてしまいがちです。
普段からご飯の時間や散歩の時間、遊びに取り入れるなどして、教えたことを忘れてしまわないように訓練しましょう。

家での待てが上手にできるようになったら散歩の時や公園などでも練習し、音や風景、風などで気が散りやすい場所でも待ての指示が聞けるように訓練していきましょう。

外でも待てができるようになると、信号などでも上手に待つことができて、飛び出しなどの危険から守ってあげられます。

また、飼い主に集中が向いて待つことができるようになると、他の犬や人が来ても気持ちを落ち着かせることができるので、トラブルを避けることにも繋がっていきます。