犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
これから新しく引っ越しをする場合やさらに多頭飼いをはじめる場合も悩んでしまいますね。

そこで、室内での犬のケージの配置のポイントについてお伝えしていきましょう。

愛犬が快適に過ごせるためにもケージやトイレの設置場所は重要です。
スムーズに配置するためにもぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

スポンサーリンク

犬が快適に過ごせる場所にケージは配置しましょう

飼い主さんが外出する時の留守番に活躍することもあれば、子犬をしつけする時にも重宝する「ケージ」
そんな様々な場面で活躍するケージは、犬にとって「安心できるお家」です。
ですから、新居への引っ越しなどでケージの新しい配置を決めなければいけない場合には、いかに犬が安心して快適に過ごせるかを考えて、配置場所を決める必要があります。

そこで重要になるのが「温度」です。
犬は寒さに比較的耐性がある反面で、暑さにはあまり強くないと言われています。

犬のケージを配置する際には、ケージ内の温度が上がったり極度に寒くなるような場所は避けて、配置するのが望ましいです。

外気温が伝わりやすい窓際や玄関付近、日差しが直接入り込むような場所は避け、風が通りやすい日陰やカーテン越しに日差しが入るような場所に配置するのが良いでしょう。

また、万が一そうした場所が無い場合には、直射日光を遮れるようにケージを毛布やダンボール等で覆ったりして、上手く工夫するのもお勧めです。

室内でのケージの配置は犬の性格に合わせてを選ぶこと

人間の性格は人によって様々ですが、これは、犬の場合でも変わりません。
同じ犬種の場合でも寂しがり屋の子もいればそうでない子もいます。
例えば、外気温が伝わり難く直射日光があたらない場所と考えると、リビングに配置すれば大丈夫だろう!と思いますが、犬によっては一人でゆっくり過ごせる環境が好きな子もいます。
リビングなどの生活音が多く人の出入りが激しい場所だと、落ち着くことができなく、寛げる場所であるケージが、逆に疲れる場所となってしまう可能性があるのです。

ケージを配置する際には犬の性格も見極めて決めてあげることも忘れてはいけません。

新しく配置した場所で、過剰に吠えるなどの行動が見られる場合には、ケージの配置場所を見直してあげるようにしましょう。

犬のためのケージとトイレの配置を考えましょう

犬と一緒に暮らす上では「トイレ」も必要になりますが、新しく設置するケージの中に併せてトイレも配置しようと考えている場合には、注意が必要です。

人間の場合でもそうですがトイレと寝る場所が近くにあると嫌ですよね。
犬も、リラックスする所である寝床の近くにトイレがあると、自分の排泄臭が気になって、快適に過ごすことができなくなってしまうのです。
状況によってはトイレで排泄をしなくなり粗相を招く原因となる場合もあります。

ですから、ケージの中にトイレを配置する場合には、トイレと寝床が近くならないように注意してあげるようにしましょう。
大きめのケージを用意してトイレと寝床の間に距離を持たせて配置するのも良いですし、ケージと移動用のキャリーを合体させてトイレと寝床を別々に確保するのもお勧めです。

多頭飼いするときはそれぞれにケージを用意すること

一方で、今飼っている犬のほかに新たに犬を迎え入れたいと考えている場合には、ケージも犬の数分だけ用意してあげるようにしましょう。
犬は本来群れで行動をする動物ですが、自宅にいる時も常に寄り添っているのかというと、決してそういうわけではありません。
時には離れて過ごす時間も必要であり、そうした時間は、犬のメンタルを良好な状態で保つ上でも需要なことなのです。

また犬には様々な犬種がおり、犬種によって、身体の大きさも違います。
ですのでケージもそれぞれの子に合ったものを選んで用意してあげる必要があります。
大型犬なのに窮屈そうなケージ、小型犬なのに大きすぎるケージなどは、犬にとって決して快適な環境とは言えませんので、注意して下さいね。

一頭ずつとのコミュニケーションを大切にしましょう

複数の犬と過ごせる「多頭飼い」は、犬好きの飼い主さんにとって、とても幸せなことだと思います。
しかし、多頭飼いをする上では幸せなことばかりではなく、様々な問題が起こります。
そんな様々な問題の中の1つが「与える愛情の偏り」です。

新しく迎え入れた犬が可愛くて仕方ないからと、そっちばかりを構ってしまうと、先住犬は「この子が来る前は可愛がって貰えていたのに…」とヤキモチを焼き、新しく来た犬に対して攻撃的になってしまうことがあります。
また、逆に新しく迎え入れた犬が悪さばかりするからと、先住犬ばかりを構ってしまうと、新しく来た犬は慣れない環境で飼い主さんにも見離され、自分の居場所を失くしてしまうのです。

そのため犬たちの仲を良い状態で保つ上では、飼い主さんの愛情が片方に偏らないようにすることが、非常に重要となります。
遊ぶ時は2匹同時に遊んであげ、おやつをあげる時もそれぞれに同じように与え、触れ合う時間をそれぞれでしっかりと作ってあげることが大切です。
犬同士の仲が悪い状態は、多頭飼いをする中で、一番のネックとなってしまいます。
愛情の与え方が極端にならないよう、平等な時間を作るように心がけて下さいね。