白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。
特に大型犬ですと、そのふわふわ具合は、クッション以上の触り心地の良さを体験できることでしょう。
ここでは、そんな触り心地の良さそうな、白い大型犬の種類についてご紹介しますので、存分にもふもふ出来る犬を探している人は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

子犬が吠えるときのしつけ方は?吠え方のタイプ別・しつけ方法

子犬を飼っている飼い主さんの中には、子犬が吠えることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

スポンサーリンク

白い大型犬を存分にもふもふしたい時におすすめな犬種

もふもふとした白い大型犬と言うとたくさんの種類がいます。

愛嬌のある顔でその表情も愛されている犬種というと【サモエド】という犬種の犬です。

サモエドはロシアが原産の犬で、ピンと立った耳とほわほわの長いしっぽが特徴の犬です。
日本のスピッツという犬を大きくしたような、もふもふの大きな体を持つこの犬はもともとはシベリアにいる遊牧民が飼っているトナカイを狼から守っていました。
寒さにも強い犬種で、南極のような極寒の地でも元気に活躍できるので寒い場所で人間のパートナーとして活躍する事の出来る犬種です。

寒い所でも対応できる秘密はふわふわのダブルコートの毛にもあり、抜け毛も多いので日々のブラッシングを欠かすとふわふわになりませんので毎日ブラッシングをします。

上向きの口角は角度によってはにっこりとほほ笑んでいるように見え、サモエドスマイルと呼ばれ人々に愛されています。

サモエドは温厚で優しい犬種で、人にはもちろん、他の犬に対しても牙を向ける事はありませんので小さなお子様の遊び相手としても活躍します。
誰に対しても優しいので、番犬としてはちょっと不向きですが、人間に対して信頼を持ってくれるので、良いパートナーとして接する事ができる犬種です。

大型で頼りになる、白い犬の種類とは

【グレートピレニーズ】

ヨーロッパの山岳地帯で祖先に中央アジアやシベリアにいたチベタン・マスティフを持ち、牧羊犬や番犬として活躍してきた白い大型犬にグレートピレニーズという犬種がいます。
この犬はフランス宮廷でも愛されてきた忠誠心の強い犬です。

グレートピレニーズは成犬になると体高がオスですと80㎝、メスでも75㎝ほどになり、垂れた耳にダブルコートのふわふわの毛に覆われます。

ふわふわの毛は下毛がかなり抜けやすく、ちょっと放っておくだけですぐに絡まってしまいますので、毎日ブラッシングをして抜け毛の処理をしてあげる事は欠かすことができません。
性格は、元々が番犬として飼われる事の多い犬でしたので飼い主には従順ですが知らない人に対しては牙をむく場面もあります。
また、頭の良い犬種ですので自分で考えて行動する事ができますので人に従うばかりではなく、頑固さを感じる場面も多くありますので小さなうちから躾や訓練をしておくことが成犬になった時にお互いに幸せに暮らす事ができるでしょう。

体も大きく成長する犬種ですので、飼育のスペースは広さが必須です。
広い所でのびのびと運動をさせてあげましょう。
また、グレートピレニーズにとっては日本の夏は暑すぎて夏バテを起こす事もありますので、夏場の散歩は30分程、秋や冬など寒くなる季節にはその分たくさん運動や散歩をさせてあげるようにしましょう。

白い大型犬には、こんな種類も

【ホワイトスイスシェパード】

比較的新しく作られた犬種のこの犬はシェパードという名がつく通り、祖先に警察犬としても大活躍しているジャーマンシェパードを持つ犬です。
シェパードというと茶色と黒のイメージで、昔は白い色のシェパードは不良品というような位置づけで淘汰されていたのですが、そんな白い犬だけを集めてスイスで改良されたのがこのホワイトスイスシェパードです。

成犬になるとオスの体高は65㎝前後、メスは60㎝にもなり、体重も40キロほどになります。

耳はピンと立っていて、ふさふさのしっぽでまるで真っ白いオオカミのような美しいいで立ちです。

警察犬としても活躍するような犬ですので穏やかで人間のパートナーとして、優しく忠誠心も高い犬ですが躾はしっかりとしないとなりませんし、散歩も一日に1時間の散歩を二回に分けて十分に運動をさせてあげましょう。
しっかりと主従関係を結び、躾をすれば警察犬にもなれる犬です。
子犬のうちから頭を使った遊びや訓練をすると、大きくなるにつれ信頼関係ができ、素晴らしいパートナーとなるでしょう。

とびきりふわふわな白い大型犬とは

【クーバース】

日本ではあまりなじみのない名前のこの犬はハンガリー原産で牧羊犬として活躍していた顔立ちがとても優しい大型犬です。

体高はオスで75㎝、メスで70㎝前後になり、体重はオスが60キロ、メスが50キロ前後と、数字でもわかるように人間の大人と同じくらいの大きさになります。

もふもふの体は寒さには強いのですが暑さには弱いので夏には日陰の涼しい場所で水を多めに与えながらしのぎます。
温かい地方では一年中毛が抜けますのでブラッシングをこまめにしてあげましょう。

家畜を守ったり、嗅覚も優れているので狩猟に行ってオオカミやイノシシを相手にする狩猟犬としても愛されてきた、勇敢であり優しい気質を持った子供たちにも大人気の犬です。
飼い主や家族に対しては信頼関係ができれば忠誠心が高く、とても尽くしてくれるので一言で言うと「献身的」ですが、警戒心もありますので番犬としても活躍します。

警戒心が強いという事はしっかりとした躾が必要ですので、躾をせず外に一匹で放置しておくととても獰猛な性格になってしまう恐れがあります。
初心者には飼育は難しいかもしれませんが、しっかりとした訓練をしてパートナーになるととても頼りになる存在です。

日本にもいる、白い大型犬についてご紹介

【紀州犬】

読んで字のごとく、日本の紀州が原産の顔立ちがきりっとした日本の大きな白い犬と言えば紀州犬が挙げられます。

和歌山や三重県、奈良県の山岳地帯で自然に存在していた犬を人間が飼い、イノシシや鹿などを狩る狩猟犬として人間と生活を共にするようになりました。

体高はオスメスあまり大差がなく、大体50センチ前後でオスの方が若干大きくなります。
体重はどちらも30キロ程でこれまでご紹介した犬種よりは若干小さめかもしれません。

紀州犬はいつでも冷静沈着であまりじゃれたりはしゃいだりするようなタイプではありません。
どちらかと言うと他の犬や飼い主以外には懐かず、飼い主のためならどんなことでもするという忠誠心の塊のような犬種です。

運動はたくさん必要ですので、一時間の散歩を朝、昼、晩の三回してあげる事が望ましいとされています。
毛は短くブラッシングは楽ですが毛の生え代わる時期にはかなり抜けますので、その時期だけはこまめにブラッシングをしてあげましょう。