アパートの退去費用!ペット可の物件に住んだ場合の費用について

ペットと一緒に住みたいと考えている方は、ペット可のアパートを探すことと思います。しかしペット可だからといって、退去する際に原状回復をしなくて良いわけではありません。

元の状態に戻すため退去費用は、もちろん支払わなくてはいけません。そこでペット可の物件では、どのくらいの退去費用がかかるのか、費用の相場についてご紹介をいたします。

また退去費用のポイントや、退去費用が高額な場合の対処方法、高額にならないための予防策についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

床掃除に洗剤を使いたくない時には重曹が便利【ペットと暮らす】

ペットを飼っているお家では、床掃除をする時に市販の洗剤をあまり使いたくないという方も多いと思います。...

うさぎの牧草入れは100円均一で代用可能?牧草入れについて

うさぎを飼育することが決まったら、迎え入れる準備としてケージや、その他の飼育用品が必要となります。...

尿石もクエン酸で綺麗に!うさぎのトイレをクエン酸で掃除しよう

うさぎのトイレにこびりついた頑固な尿石汚れに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。頑...

うさぎが噛むのをしつけする!正しい対処法と注意点を紹介

うさぎが噛むことで気持ちを伝えることがあります。しかし、ひどい噛み癖にはしつけをしなければなりません...

うずらの孵化器を手作りするために必要な材料と作り方、ポイント

スーパーで売られているうずらを孵化させることができると、一度は聞いたことがあると思いますが、市販の孵...

ペットのお悔やみに手紙を贈るときのポイントと注意点を紹介

友人の家の大切なペットが亡くなった。お悔やみに手紙を送ろうと思うが、どんな内容にしたらいいのか悩...

うずらの有精卵はスーパーで入手可能?孵化の方法と注意点

スーパーで販売しているうずらの卵を孵化させれば、うずらを育てることができると言われていますが、有精卵...

スポンサーリンク

ペットを飼育していた場合のアパートの退去費用のポイント

ペット可の物件であっても、ペットが付けた傷やニオイなどの汚れは借主の負担になる場合が多いです。

退去費用とは?

借主の故意や過失によって部屋や備え付けの設備につけられた、傷や汚れに対しての補修費用となります。

ペットを賃貸住宅で飼育する際の傷や汚れに対する規定は法律として明確な規定がないため、故意と過失の判断が難しいのでトラブルも起こりがちな案件なのです。

いくらペット可の物件であっても飼っているペットが付けた傷やニオイに対して、借主は補修費用を払わなくてはならない事が国土交通省が出している原状回復についてのガイドラインで公表しています。

このガイドラインは貸主と借主の間でよく起こるトラブルに関しての負担割合について細かく記載されており、床や壁の傷のことからペットが付けた傷やニオイに関しても細かく記載されています。

  • ペットによる汚れや傷は躾が大切な事
  • 日々の後始末が密接に関係してくる

これらを理由に借主の負担となるケースが多いのです。

ペット可のアパートでは退去費用を見越して敷金が高い場合も

ペット可の物件では、クリーニングなどの退去費用が高くなることから、あらかじめ敷金が高い物件が多いです。

敷金とは?

貸主が借主に対して、家賃が滞ってしまった時や退去時の補修費用のためにあらかじめ保険として預かっておく費用で、何かあった時にはこの敷金が使われます。

ですので、ペット化の物件では退去時の清掃代などが通常より多くかかる事を見通して敷金を家賃二か月分請求される場合が多く、初期費用がかかる傾向が多くあります。

ペット可の物件なのに敷金が他の家と変わらないという場合には、最初は入居しやすいように敷金を低く設定していて、退去する時に実費でクリーニング代を請求されるというケースがあります。

安さに飛びついて入居したのは良いけれど退去時に思った以上にお金がかかってしまった場合の事を考えて日ごろから貯蓄をしておく必要があります。

ペット化の物件を退去する際に必要なクリーニング代の相場は敷金一か月プラスアルファと言われています。
大体、敷金ひと月ぶんでは賄いきれないケースが多いようですのでペットを飼う時には、それなりの退去費用は必要だと考えておいた方が後から困る事が少なくなります。

ペット可のアパートで退去費用が高額の場合について

高額な退去費用を請求されてしまうと、額を見てあたふたしてしまいますが、きちんと自分が払うべき範囲を知っておくことが大切です。

経年劣化による修繕費用は負担なし

家は月日の流れとともに壁紙や床などは当然劣化します。
これを経年劣化と言いますが、経年劣化によって設備の価値はどんどん下がります。
経年劣化したものについては借主は負担する必要はないとされていますので、どのくらい住んだかによっても修繕の費用は当然変わってきます。

例えば、新しい壁紙も3年でその価値は半分になるという事が国土交通省のガイドラインで明記されています。
ですから、修繕費用に関しては当然この減価償却の部分を考慮しなければなりません。

飼っているペットが壁の一部を汚した場合

壁紙の工事をする時にはその一面を変えなければ取り替える事はできませんが、借主の負担は1平方メートル単位で汚した部分だけを取り換えれば良いという事になっています。
ですが、ペット可の物件では契約書の内容であらかじめ金額も明記されている事が多いので、契約書はきちんと確認しておきましょう。

高額な退去費用については、専門家に相談を

あまりにも常識を逸した高額請求に関しては素人同士で話し合いの決着がつかない事もあります。

消費者センターに相談

明らかに不当な請求に対しては毅然と立ち向かいましょう。
そのためには素人では解決できない事がありますので、まずは消費者生活センターに相談してみると良いでしょう。
ここは消費者庁管轄の公的な機関で、消費生活についての相談を請け負ってくれる所です。
契約トラブルに対しても専門の相談員がアドバイスをくれる所ですので困った時には相談してみましょう。

消費者生活センターの名前を出すだけでも、値段を改めてくれるような場合もありますので見積書の値段があまりにも高額すぎて不当だと感じた場合には消費者生活センターに相談してみますと宣言してから相談してみるのも一つの手段でしょう。

弁護士に相談

また、それでも解決しない場合には弁護士に相談しましょう。

あまりにも法外な金額を請求された時、自分ではその判断が難しい場合にはその額が本当に適切であるのかどうかを、第三者に判断してもらって納得してから払うようにしましょう。

ペット可のアパートでも日頃の注意が必要

退去費用を安く抑えるためには何と言っても”日ごろの部屋の使い方が結果を左右する”ということを頭に入れてペットと生活する事が大切です。

柱などに傷をつけてしまった場合には交換が簡単にできないケースもあり、修繕費用が高くなりますので、傷をつけられないように飼い主が気を使わなくてはなりません。

ペット可の物件であっても、床が出ないように全体にカーペットを敷くなどして直接ペットが床に触れないようにしましょう。
カーペットはちょっと…という時にはフローリングをコーティングしてくれるワックスも販売されていますので、そちらを使って床を保護すると粗相をしても拭き取りやすくなります。

ペットを飼うという事は躾をするのも飼い主の大切な仕事

トイレトレーニングをきちんとする、壁や床に傷をつけてしまわないようにペットの爪は常に短く整えておくなどの気遣いが、退去時の不要な出費やトラブルを減らしてくれます。

入居前に部屋の写真を記録しておくと良い

また、これはペット可の物件に関わらず、入居する際に部屋全体の傷や汚れを確認して、傷や汚れがある場合には写真に撮っておいて管理会社などに確認を取っておきましょう。
こうする事で後々のトラブルを回避できる場合があります。

少しの気遣いが未来を左右しますので、ペット可だと言っても日ごろの手入れを忘れずにペットと楽しく過ごしたいものです。