オカメインコの飼い方を知りたい。雛から飼う場合は

オカメインコは可愛らしい見た目と、おっとりして人懐っこい性格で、インコの中でも根強い人気を持つ種類です。
そんな可愛いオカメインコを雛から育てようと思った時に、飼い方はどのようにすれば良いのでしょうか。
ここでは、雛から育てる場合の餌や、必要な物、お世話の仕方などについてご紹介しますので、オカメインコを飼おうと思っている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの爪切りの方法や、インコのお世話についてご紹介

インコを育てている時に気になることがあるのが、爪の長さです。 インコは人間とは爪や足の構造が違いま...

文鳥が卵を産みすぎるのはなぜ?産みすぎる原因と対策について

文鳥が卵を産みすぎて心配だという飼い主の方も多いのではないでしょうか。 卵を産むのは自然なこと...

インコがかえらない卵を温める理由と対処法

1羽だけで飼育しているインコが、ある日卵を生んでいるというのは珍しいことではありません。かえるはずの...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

【文鳥の飼い方】手乗り文鳥を育てるポイントと飼い方・注意点

これからペットとして文鳥をお迎えしようと考えている人もいますよね。文鳥を手乗り文鳥にするには、一体ど...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。 し...

文鳥の雛換羽が終わらないのはなぜ?原因と雛換羽時期の育て方

文鳥は雛から成鳥するために雛換羽の時期を迎えますが、雛換羽がなかなか終わらないことがあります。 飼...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。 では、それはどうしてなのでしょうか...

インコが餌を撒き散らすときの対策方法について紹介します

インコが餌を撒き散らすときにはどんな対策をとればいいのでしょうか。インコが餌を撒き散らしてしまうのに...

文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

文鳥の鳴き声はオスの方が大きい?文鳥の鳴き声や性格について

マンションやアパートなど、ペット不可の賃貸でも、鳥ならOKという所も少なくはありません。そこで見た目...

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

スポンサーリンク

オカメインコの飼い方、雛にはこれを食べさせよう

セキセイインコも可愛いですけど、オカメインコも可愛いですよね。顔の赤い部分がなんとも、可愛らしい、ペットだと思います。どのペットも同じですが、オカメインコも雛から育てるとなると、飼い方にちょっとしたコツがいります。

あわ玉とパウダーフードがオカメインコの雛の餌になる

上記の2つを混ぜて、オカメインコの餌にします。割合は、両方とも同じくらい。それを混ぜて、お湯を入れて、柔らかくしてオカメインコの餌にします。

雛の状態の時は、朝、7時くらいから夜も10時くらいまで、6回くらいの割合で餌を与えます。

回数はともかくとして、どのくらいの量、与えればいいのか、気になりませんか?インコが食べるスピードが落ちた時点でストップさせていいと思います。満腹に近づいていますから、そのくらいで雛に餌を与えるのを辞めましょう。

食べなくなる、イコール満腹です。満腹になったのなら、それ以上あげる必要はありません。

オカメインコの飼い方、雛に餌をあげる時に必要な道具は

他のインコも同じだとは思いますが、オカメインコに餌を与える時、餌を与えるのに、適切な道具は必要になります。餌をオカメインコの口に入れる時、スプーンでやると、あなたもオカメインコも楽に餌を与え、食べることができます。スプーンは特にこどわらなくてもいいと思います。100均でも、スプーンは売っていますから、それを一つ買えば大丈夫。

ただ、持つ部分を山のように、少し曲げた方が使えやすいです。それも考えて、少し曲げやすい素材のスプーンを買った方が良いと思います。

スプーンの素材に関していえば、「これは○○製」とはっきりしているものを使う方が衛生的です。よくわからない素材のものは買わないようにして下さい。

そんなに高価なものを買う必要はありません。ただ、素材がはっきりしているものを買うようにして下さい。

オカメインコの雛を飼う時に必要なものとは

オカメインコも適切な場所で雛を育てなくてはいけませんよね。雛を買う場合、お店でも売っているとは思うのですが、プラスチックケースを買い、その中で雛を快適に育てなければなりません。

プラスチックケースの中には、木屑マットのような、マットを敷いて、オカメインコが育ちやすくします。また、雛の状態だと、温度調節にも気をつけなくてはいけない時期です。気温調節をするためにも、保温器具をプラスチックケースの側に置きましょう。

オカメインコも雛の段階では、まだ手はかかります。

気温の調節、マットなど、大人になったら、もう少し環境も整えられ、「これは要らない」と思うものがあるかもしれません。雛のうちは育てるのにまだ手間がかかる段階です。「あれも必要なのか、これも必要なのか」と感じるかもしれませんが、人間の赤ちゃんを育てるのと一緒の気持ちで、オカメインコの雛も育てて下さい。あなたの周りの方も同じ道具を使ってオカメインコの雛を育てています。状況は皆さん、一緒ですよ。

オカメインコの飼い方、雛が餌を食べてくれない時は

オカメインコを育てていて、困るのは、雛のために餌を用意しているのに、その餌を雛が食べてくれない時ですよね。

食べないと成長してくれない。もしかしたら、体調でも悪いのか、もしくは、雛も機嫌が悪くて、餌を食べてくれないのか。

新しい環境にオカメインコがまだ慣れていない

人も何かあると、食欲が減ることありますよね?オカメインコも場所が変わると、食欲が減ることがあります。そのままずっと食べないという訳ではないんですが、飼い主としては、心配になります。

少し様子を見て下さい。そのうち食べてくれるようになります。環境に慣れれば、オカメインコも雛の時期に餌を食べてくれるようになります。もう少しの我慢です。

便を確認する

もしかしたら、なんだかのストレスで体調を崩し、それで食欲が減っているのかもしれません。チェックするのは、雛の便です。ちょっと水っぽいなど、何か体調のサインが便で確認できないか、チェックして下さい。それに伴って、体重が減っている可能性もあります。軽すぎないかも体重計で確認して下さい。

オカメインコは、いつまでが雛なのか

オカメインコも、餌や環境に気をつけていれば、成長して、大人のオカメインコになります。

雛用の餌をあげ続けて、50日目が成鳥の目安

この時期になると、雛から大人のオカメインコに成長しています。そのため、いつまでも雛用の餌を与え続けると、病気にかかってしまうようです。

全部のオカメインコが病気になるわけではないようです。ただ、いつまでも同じ餌を与えていると、胃などに負担になり、病気にはなりやすくなります。それを防ぐため、50日目を目処に、大人の餌に変えて下さい。

いつまでも同じ餌を与え続けたら、体に負担がかかるというのは、飼い主さんでも簡単に想像はつくと思います。大人になったら、大人用の餌に変えて、体調を整えて下さい。人間の赤ちゃんでも一緒ですよね。時期が来たら、離乳食を与えます。オカメインコでも同じことは言えます。

オカメインコを雛から飼う時、どんな道具が必要なのか、また、どうして初めは餌をそんなに食べてはくれないのか、原因を紹介しました。環境の変化もあるので、あまり気にしなくてはいいかもしれません。ただ、体調が悪くて、食欲がないこともあります。体重を測る、排便をチェックするなど、健康面は常に気を配って下さい。順調に育てば、50日目で大人の餌も食べれます。いつまでも同じ餌を与えない、時期がきたら、適切な餌を食べさせることも大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686