【文鳥の飼い方】手乗り文鳥を育てるポイントと飼い方・注意点

これからペットとして文鳥をお迎えしようと考えている人もいますよね。文鳥を手乗り文鳥にするには、一体どのような飼い方をすれば良いのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

文鳥は、愛情をかけて育てることで手乗り文鳥として飼育することができます。文鳥を育てるポイントや育て方を知って、文鳥をお迎えしましょう。

文鳥と楽しい毎日を過ごしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコが喜ぶおもちゃを100均で調達するには

セキセイインコは、好奇心旺盛で遊び好きです。飼い主と遊ぶのも大好きですが、飼い主さんも常に遊べる...

インコが餌入れをひっくり返すのはなぜ?対処方法について

インコが餌入れをひっくり返すことがあります。間違ってひっくり返しているのではなく、明らかにわざと行な...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。そもそもインコの爪切...

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

インコの爪切りの方法や、インコのお世話についてご紹介

インコを育てている時に気になることがあるのが、爪の長さです。インコは人間とは爪や足の構造が違いま...

オカメインコが餌を食べないときは?食べてくれるようにする方法

オカメインコの雛をお迎えして餌を食べないときにはどうしたらいいのでしょうか?どのくらい、餌を...

インコのケージの置き場所はココがおすすめ!置く時の注意点

インコのケージの置き場所はどのようなところに決めたらいいのでしょうか。インコが安心して過ごせ...

インコが餌を撒き散らすときの対策方法について紹介します

インコが餌を撒き散らすときにはどんな対策をとればいいのでしょうか。インコが餌を撒き散らしてしまうのに...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

文鳥の爪切りはいつから?爪切りの目安やコツをご紹介

文鳥や鳥を飼育し始めると、爪がどんどん伸びてきて、爪切りを行わなくてはいけなくなります。しか...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。し...

文鳥の鳴き声はオスの方が大きい?文鳥の鳴き声や性格について

マンションやアパートなど、ペット不可の賃貸でも、鳥ならOKという所も少なくはありません。そこで見た目...

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

スポンサーリンク

手乗り文鳥の飼い方・手乗りにしたいなら雛から育てるのがポイント

何かペットを飼いたくても、犬や猫などは住宅事情により飼えないという人も多くいるようです。そんな時は、ハムスターなどの小動物、爬虫類や熱帯魚など小さな生き物を飼って可愛がっているという人もいるようです。どんな生き物でも、自分で飼って育てていると愛情がわき家族のように大切な存在になります。小さなペットにも種類が色々ありますが「文鳥」という鳥を知っていますか?

文鳥は見た目が綺麗で、ペットして人気の鳥です。

鳥って人に懐くの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、文鳥は小さいうちから飼っていれば手乗りしてくれるほど懐いてくれます。

初心者が雛から飼いはじめるのは難しいですが、一人でエサを食べられるようになる生後2ヶ月くらいの文鳥なら飼いやすいでしょう。

きちんと面倒をみて、優しい声で話しかけながら触れ合っていれば手乗りの可愛らしい文鳥に成長してくれますよ。

文鳥の飼い方・手乗り文鳥に育てる雛の選び方

文鳥の雛がペットショップに入荷されるのは、秋から春にかけてです。

いつでもいるわけじゃないので、時期を見て買いに行くようにしましょう。

文鳥の雛を選ぶポイントは、なんといっても元気の良さです。

パッチリと目が開いていて、体重があり、止まり木をがっしりとつかんでいる雛を選ぶようにしましょう。

ずーっと目をつぶっているような雛は体調に問題があるのかもしれません、

ペットショップには生後2週間~4週間ほどの雛が入荷されます。

成長の度合いによってエサの与え方が異なるので、一人でエサを食べられるようになった位の雛がおすすめです。

生まれたばかりの小さな雛は定期的にエサを与えられなければ、すぐに死んでしまう事もあります。

自分の生活スタイルに合わせて、きちんと育てられる文鳥を選びましょう。

文鳥の雛の飼い方を知って上手に飼育しよう

文鳥の雛を飼育するためには、飼育箱が必要です。

市販のわら製の箱やますかごで育てるのが一般的ですが、寒い時期でなければ厚紙の箱でも十分に飼育可能です。

  • 厚紙の箱の場合は、換気のための穴をたくさん空けるようにしてください。
  • 箱の底には、専用のわらやティッシュペーパーなどを敷きます。
  • ティッシュペーパーは平らに敷くのではなく、数枚を軽く丸めて入れましょう。
  • 衛生面の確保のため、時々交換も行ってください。

まだ羽毛が生え揃っていない文鳥の雛は、温度管理が大切です。

  • 26度~28度くらいの温かい温度で育てはじめ、羽が生え揃ってきたら文鳥の様子を見ながら温度を下げていきましょう。
  • 脱水状態にならないように、しっかりと加湿する事も大切です。
  • エサは、むきアワをお湯でふやかしたものをプラスティックスプーンなどにのせて欲しがるだけ与えます。
  • 暑い時はエサが腐りやすいので、作り置きするのはやめましょう。
  • 雛は温かいエサが好きなので、38度くらいのエサを与えましょう。
  • 最初は1日あたり最低でも3~5回はエサを与えてください。
  • 羽が生え揃ってきたら、エサの回数も減らしていきます。
  • また、午後8時以降はエサを与えないようにしましょう。

文鳥を手乗り文鳥にする飼い方の注意点

せっかく文鳥を飼うなら、手乗り文鳥にして可愛がりたいですよね。

手乗りしてくれるくらい懐いてくれたら、文鳥への愛情もさらに深まるでしょう。

手乗り文鳥にするためには、しっかりと懐いてもらう事が大切です。

そのためには当たり前の事ですが、文鳥が嫌がるような行動をしないという事が大切です。

嫌われてしまっては、懐いてしまうのが難しくなります。

文鳥に嫌われてしまう行為は…

  • 脅かす
  • 追いかける
  • いきなり触る
  • 大きな声を出す
  • 尖った物を文鳥に向ける
  • 暴力をふるう

などが挙げられます。

このような行動は絶対に避け、優しく文鳥と触れ合いましょう。

飼い主が優しければ、文鳥も優しく育ってくれるはずです。朝起きたら文鳥に挨拶をしたり、可愛いところを褒めてあげたり、文鳥への愛をきちんと伝えてあげれば、きっとその愛は届くはずです。焦らずにゆっくりと信頼関係を築いていきましょう。

手乗り文鳥と楽しく遊ぼう!文鳥とのコミニュケーション方法

愛情をかけて育てた文鳥が、手乗り文鳥に成長してくれたら、一緒に楽しく遊びましょう。

手乗り文鳥に育っても、5歳くらいまではイタズラをしたり、噛み癖がでてしまう事があります。

そんな時でもガーッと怒らずに大らかに対応してあげましょう。

最低でも1日30分は放鳥をしてあげ、おもちゃなどを使ってコミュニケーションをとるのがおすすめです。

放鳥する時は、電気コードを噛んでしまったり、衣類の山などに埋もれてしまわないように、注意して観察してあげてください。

手乗り文鳥は、実は握力が弱いです。

そのため握って遊ぶおもちゃは不向きなので、くちばしで転がして遊べるものを選んであげると良いでしょう。

放鳥中にトイレットペーパーの芯を与えると、喜んで転がす文鳥もいます。

市販の小鳥用のおもちゃもおすすめですが、身近にあるものでも十分遊ぶ事ができます。

小鳥用のおもちゃをケージに入れる場合は、小さいうちから入れておくと驚かずにストレスなく受け入れる事ができるでしょう。