インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのなら、できるだけ鳴き声の小さい種類のインコを選びたいですよね。
しかし、どれだけ鳴き声が小さくとも静かな時間には気になりますし、大きい鳴き声を出すときもあります。

小さい鳴き声のインコでも、このような防音対策があるのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。では、それはどうしてなのでしょうか...

インコの保温のためのヒーターの種類と付け方の注意点

インコを飼育していると、冬の暖房の切れたお部屋だと寒さが心配です。インコの寒さ対策として、どのような...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

インコの鳴き声には、どんな意味があるのかについて知りたい

インコは喋る鳥の種類のひとつですが、喋らずに鳴くだけの個体も珍しくありません。ただ鳴くだけでも可...

文鳥の爪切りはいつから?爪切りの目安やコツをご紹介

文鳥や鳥を飼育し始めると、爪がどんどん伸びてきて、爪切りを行わなくてはいけなくなります。しか...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

【文鳥の飼い方】手乗り文鳥を育てるポイントと飼い方・注意点

これからペットとして文鳥をお迎えしようと考えている人もいますよね。文鳥を手乗り文鳥にするには、一体ど...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。そもそもインコの爪切...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。し...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

インコの鳴き声で気持ちがわかる様々な鳴き声をご紹介

インコはただ鳴いているように聞こえても、よく聞いてみると、その時々で鳴き声に違いがあるように感じませ...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。しか...

オカメインコが餌を食べないときは?食べてくれるようにする方法

オカメインコの雛をお迎えして餌を食べないときにはどうしたらいいのでしょうか?どのくらい、餌を...

スポンサーリンク

鳴き声が小さいと言われているインコ

テレビでも色んな種類のインコを見かけると思います。本当に多くの種類のインコが、日本だけではなく、世界中に見かけます。日本で見かけるインコも、他の国でも見かけるなんて、インコが好きな方には、嬉しい話ですよね。よく知り合いの方やテレビでも紹介され、私達の身近に存在しているのは、セキセイインコです。色も綺麗ですし、鳴き声も小さいことで有名です。

ペットを飼っていると、インコの声の大きさにも注意しなくてはいけません。

あまり大きすぎると、近所迷惑になり、苦情が来ます。でも、セキセイインコは他のインコと比べて、そんなに声は大きくありません。

近所迷惑のことも考えて、声も小さめのものをインコとして飼いたいのであれば、セキセイインコを選んで下さい。ただし、最後の最後まで、責任を持って、飼って下さいね。ペットを最後まで責任をもって飼うことも大切になります。

インコで鳴き声が小さい種類は他にもいます

声の大きさだけを見たら、小さいインコはセキセイインコがトップに来ます。でも、セキセイインコ以外でも、声が小さいものはいます。

例えば、サザナミインコ。

サザナミインコは他のインコに比べて、声が割と小さいので、ペットとして、飼いやすい種類のインコになります。

可愛らしい目が特徴で、性格もマイペース。日々の生活の中で癒やしを求めいる方には、もってこいのインコになると思います。

他にも、マメルリハという種類のインコも鳴き声が小さいことで有名なインコになります。

アパートに住んでいる方には、飼いやすいインコのようです。体も小さいので、あまり大きなインコを飼いたくない方には、お薦めのサイズのインコになると思います。

因みに、体が大きいと、それだけ発声量も大きいようです。発声量が少ないインコをお探しなら、あまり大きなサイズのインコは買わないことお薦めします。

インコの鳴き声が小さい種類でも注意が必要

この種類のインコを飼ったら、鳴き声をあまりしない、だからあなた自身もペットの鳴き声で悩むこともないし、近所から苦情も来ることもない。でも、実際飼うと、思っていたのと違った。もう少し声は小さいのかと思っていたら、そうでもなかった、飼い主として、ちょっとショックな時もありますよね。

でも、インコが鳴くにも、理由があって鳴きます。あなたに何か伝えたい時、あなたが「ちょっとうるさいな」と感じるくらい、鳴くのです。

鳴くこと全てが悪いわけではありません。インコが鳴くのは、それなりのサインをインコから受け取っているんです。ですので、鳴いているからといって、あなたの機嫌を悪くしないで下さい。

何が原因で鳴いているのか、その部分にも飼う時には、配慮が必要になります。鳴いているから、飼い主のストレスがたまる、ではなく、餌が欲しいのかな?遊び道具が必要なのかな?色々チェックしてあげて下さい。

インコの鳴き声が小さいかどうかは飼ってみないとわかりにくい

上記で、セキセインコが比較的、鳴き声が小さいインコであること、また、他の鳴き声が比較的小さめのインコを紹介しています。

ただ、実際に飼ってみないと、本当にあなたが思っているように、鳴き声が小さいのかはわからない部分があります。というのも、同じインコでも、性格が違い、性格が違うので、お店の方に、「比較的このインコは鳴き声は小さいですよ」と言われても、そうでもないこともあるからです。

ある意味「運」だと思います。体が大きくても、あまり鳴き声を出さないインコもいると思いますし、逆に、体は小さいのに、気合を入れて鳴くインコもいます。飼った後に、「そうか、思ったよりは鳴き声は大きいか」と後悔することもあると思います。それでも、我慢強く飼ってあげて下さい。それしか方法はありません。子供もうるさいのもいれば、おとなしいタイプの子供もいます。鳴き声が大きいのもそのインコに与えられた個性だと思って、飼って下さい。慣れも必要だと思います。どうしても鳴き声が大きいことが悩みなら、防音対策でもとって、近所迷惑にならないようにして下さい。

インコの鳴き声の対策をしておきましょう

インコはどんな種類のものでも、あなたの耳につくような鳴き声を出します。もうこれは仕方ありません。何か欲しくて鳴いているのかもしれませんし、部屋の中で警戒するものがあるから、鳴いているのかもしれません。ペットを飼っているのですから、鳴き声が出るのは仕方ありません。あとは、防音対策を練って、できるだけインコの鳴き声を外にはもらなさないようにすることです。

カーテンを防音カーテンにする

そんなに外にインコの鳴き声が漏れることはひょっとしたらないのかもしれません。でも、気になりますよね?近所迷惑になっているかどうか。管理会社の方を通してクレームが来る前に、まず、カーテンでインコの鳴き声があまり外にもれないようにして下さい。カーテンを防音カーテンにするだけでだいぶ鳴き声が外に漏れることはありません。あなたも精神的にぐっと楽になると思います。鳴き声を出すペットを飼うのなら、ペットを飼う前に、カーテンを防音カーテンに変えましょう。防音対策は必須になると思います。

インコであまり鳴き声が大きくないものを紹介しました。ですが、それはあくまでも目安で、実際に飼うと、そうでもない、自分が思っている以上にインコの鳴き声が大きいと感じると思います。それでも、我慢して、心房強く、インコを最後まで飼って下さい。防音対策をしている限り、近所の方からクレームも来ないと思います。