インコの鳴き声には、どんな意味があるのかについて知りたい

インコは喋る鳥の種類のひとつですが、喋らずに鳴くだけの個体も珍しくありません。
ただ鳴くだけでも可愛いインコですが、鳴き声によってさまざまな意味があります。
大事なインコからのメッセージを聞き逃さないためにも、鳴き声によって何を訴えているのかを判断しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコがかえらない卵を温める理由と対処法

1羽だけで飼育しているインコが、ある日卵を生んでいるというのは珍しいことではありません。かえるはずの...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

セキセイインコの爪切りは病院へ依頼しよう!費用の目安について

セキセイインコが暴れて爪切りができない…初めてセキセイインコを飼う人に多い悩みの一つです。そ...

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。では、それはどうしてなのでしょうか...

文鳥の雛換羽が終わらないのはなぜ?原因と雛換羽時期の育て方

文鳥は雛から成鳥するために雛換羽の時期を迎えますが、雛換羽がなかなか終わらないことがあります。飼...

文鳥の爪切りはいつから?爪切りの目安やコツをご紹介

文鳥や鳥を飼育し始めると、爪がどんどん伸びてきて、爪切りを行わなくてはいけなくなります。しか...

インコのケージの置き場所はココがおすすめ!置く時の注意点

インコのケージの置き場所はどのようなところに決めたらいいのでしょうか。インコが安心して過ごせ...

セキセイインコが喜ぶおもちゃを100均で調達するには

セキセイインコは、好奇心旺盛で遊び好きです。飼い主と遊ぶのも大好きですが、飼い主さんも常に遊べる...

文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

インコでしゃべるのが上手な種類とおしゃべり上手に育てるコツ

これからインコを飼い始めたいという時には、しゃべるのが上手な種類のインコを育ててみたいと思う方も多い...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。しか...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。し...

スポンサーリンク

インコがこんな鳴き声をしていたら、このような意味があります

インコは様々な鳴き声をもっている鳥です。

インコの鳴き声にはしっかりと意味があり、状態や気分、仲間に伝えたいという意思を持って鳴き分けています。

気持ちよくさえずっているときは気分が良い証拠です。インコは声を出すのが大好きなので、起きている間はずっとさえずっているという個体もいるでしょう。

我が家のインコも静かだなぁと思ったらお昼寝しているか、又はご飯を食べていたりします。ご飯を食べながら声を出しているときもありますよ。鳴き声によってインコの気持ちを知ることも大切です。自分の感情を伝えようとしていると思ったら、それに応えたいと思いませんか?コミュニケーションをとるためにも、インコの声をしっかり聞き取ってあげてください。

インコがピーピーと大きな声で鳴いているときは人や仲間を呼んでいるときの声です。

人なら「オーイ」といったところでしょうか。この声はあんな小さな体から出るとは思えないほど大きな声で、遠くまで届きます。寂しいときにもこの鳴き声で呼んでいる場合があります。我が家のインコがピーピーと鳴き出したときは、私は近くに行って様子をみるようにしています。時には遊んでいた大好きなおもちゃを下に落としてしまった場合もありますよ。

さえずっている声や小さく鳴いている声は気分が良い証拠です。また、くちばしをすり合わせてギシギシさせているのはリラックスをしている状態です。ご飯を食べて満腹になった時やお休み前などによく出しています。

インコの鳴き声には、こんな意味もあります

インコの鳴き声にはギャーギャーとかジジジとか、キレイとは言えない声でうるさく鳴く場合も

これは怒っている時によく出す声です。

相手を威嚇している時に出したり、危険な物を見つけた時に出す声でもあります。この声をしている時はすぐに様子をみてあげてください。怖いものを見つけたり、複数のインコを飼っているのならケンカをしている場合もあります。

我が家のインコもよくこの声を出します。大抵は2羽のインコでブランコなどを取り合っていたり、おやつを独り占めしたくて相手を追い払おうとしている時です。ひどいケンカにならないよう、人が仲裁に入ることもあります。怖い物を見つけた時もジジジと声を出してその場から飛び去ったりもします。

インコがチチチチッと小さく激しめに出す声も警戒や威嚇の声です。

ギャーギャーといった声よりは感情は抑えめではありますが、怒っている時に出すことが多いです。仲間に注意を促す時にも出したりもします。インコが文句を言っているときもこんな鳴き声を出したりします。

インコの鳴き声には意味があるが、あまりにも鳴き過ぎる時は

インコはよく鳴きますので、鳴き声はある程度は諦めるしかありません。鳴き声が大きいことを理解した上で飼うことが必要です。ですが、あまりにも鳴き声が大きすぎたり、または絶えず声を出されているとストレスに感じることもありますよね。いちいち応えてあげる余裕もありません。
我が家にも絶えず声を出しているインコがいて、テレビの音もろくに聞こえません。テレビ用のスピーカーを用意しましたが、スピーカーですらインコの声に負けている状態です。

インコが大きな声で鳴いているからと言って、叱りつけるのはあまりおすすめできません。

インコは頭の良い生き物なので、叱るとそれを理解して鳴くのをやめる場合があります。また驚かせたり怖がらせることでも鳴き声をとめることもあります。ですが、それと同時に人を怖いものと印象つけてしまう場合もあります。人間に対して恐怖心を持ち、なつかなくなってしまう可能性があります。

インコの鳴き声には悩まされてしまいますが、声の大きさは最初からわかっていたことなので大目に見るようにしましょう。ですが、急な来客や電話など、どうしても鳴き声をとめたいときもありますよね。その場合はちょっとインコを怖がらせてみてください。あまりにも大きな恐怖心を与えてしまうとストレスになり体調を崩しかねませんので、一時的に鳴き声をとめる程度に、インコの気を引くようにします。普段は見たことがない物をインコの視界に入るところに置くだけで、インコは緊張して鳴くのをストップします。そのうち慣れてきて鳴きだしたら、動かして見せて緊張を与えてみたり、違う見慣れない物を持ってきたりしてみてください。

インコが頻繁に呼び鳴きをする時の対策とは

インコが頻繁にピーピーと呼び鳴きをしていることもあります。おそらく寂しいか人を呼んでいると思われますが、だからと言ってずっと一緒に遊んであげられるわけでもありません。これもまたなんとかしたいものですよね。なかなかのストレスです。この呼び鳴き、そのうち諦めてくれるかと思って耐えていても、なかなかやめてはくれません。私も諦めるまで無視し続けてみましたが、1時間以上鳴き続けていました。こちらが根負けです。

インコの鳴き声対策にアクリルバードケージを使う方法もおすすめです。

アクリルバードケージはアクリルからできた箱のようなケージなので、金網に覆われたケージよりも鳴き声を抑えることができます。ですが、アクリルバードケージには空気穴がありますし、それほど厚いものではないので、鳴き声を完全に防ぐことはできません。鳴き声の大きさを2割程度抑えることができると考えてください。

インコの鳴き声がうるさいからといって、構わなさ過ぎるのはやめよう

インコの鳴き声がうるさいと感じたときは、もしかしたら淋しくて鳴いているのかもしれないと考えてあげてください。あまりにうるさいとイライラしてしまいますが、だからといって構わないで放っておくのはかわいそうです。
インコが淋しさを感じ、それがストレスになると体調を崩したり、毛引き症と言って自分で羽をむしる行為に走ることもあります。ひどい場合は顔以外の羽のほとんどをむしってしまったインコも見たことがあります。
インコを一日中ケージに入れっぱなしにしたり、人の気配が感じられない部屋にケージを置いたりするのはよくありません。インコをお迎えたした日のことを思い出し、同じように接してあげてください。

毛引き症はストレスだけでなく、病気が原因でなることもあります。インコが自分で羽を抜きだしたときは一度病院で診てもらうようにしましょう。

病院ではインコが退屈しないようなおもちゃを紹介してくれたりもしますよ。かかりつけの獣医さんに相談しながら、大切な家族の一員として接してくださいね。