セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。
では、それはどうしてなのでしょうか?飼っているセキセイインコがメスならできるだけ長生きしてもらいたいですね。

そこで、セキセイインコの平均寿命について、メスの方が寿命が短い原因や長生きしてもらうコツについてお伝えしていきましょう。

大切なインコと長く一緒に入られるためにも飼い主ができることをしてあげてましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの飼い方【旅行編】飼い主が旅行に行くときの対処法

インコを飼っている人の中には。旅行に行く計画を立てている人もいるのではないでしょうか。インコに留守番...

インコの鳴き声で気持ちがわかる様々な鳴き声をご紹介

インコはただ鳴いているように聞こえても、よく聞いてみると、その時々で鳴き声に違いがあるように感じませ...

オカメインコが餌を食べないときは?食べてくれるようにする方法

オカメインコの雛をお迎えして餌を食べないときにはどうしたらいいのでしょうか?どのくらい、餌を...

オカメインコの飼い方を知りたい。雛から飼う場合は

オカメインコは可愛らしい見た目と、おっとりして人懐っこい性格で、インコの中でも根強い人気を持つ種類で...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

文鳥の鳴き声はオスの方が大きい?文鳥の鳴き声や性格について

マンションやアパートなど、ペット不可の賃貸でも、鳥ならOKという所も少なくはありません。そこで見た目...

文鳥が卵を産みすぎるのはなぜ?産みすぎる原因と対策について

文鳥が卵を産みすぎて心配だという飼い主の方も多いのではないでしょうか。卵を産むのは自然なこと...

文鳥の雛換羽が終わらないのはなぜ?原因と雛換羽時期の育て方

文鳥は雛から成鳥するために雛換羽の時期を迎えますが、雛換羽がなかなか終わらないことがあります。飼...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。しか...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

セキセイインコの爪切りは病院へ依頼しよう!費用の目安について

セキセイインコが暴れて爪切りができない…初めてセキセイインコを飼う人に多い悩みの一つです。そ...

文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。し...

文鳥の爪切りはいつから?爪切りの目安やコツをご紹介

文鳥や鳥を飼育し始めると、爪がどんどん伸びてきて、爪切りを行わなくてはいけなくなります。しか...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

スポンサーリンク

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命

セキセイインコの寿命は、メスの方が短いことを知っていましたか。

同じセキセイインコという品種なのに、性別によって寿命に差があるのです。

セキセイインコのメスを育てている飼い主さんにとっては、短命とされているメスの寿命を少しでも長くしたいというのが本音だと思います。

セキセイインコのオスとメスではどのくらい寿命に差、そして寿命に差がある理由とは

セキセイインコ全体の平均寿命ですが、約5~8年ほどだと言われています。

もちろん10年以上生きるセキセイインコもいるので、飼育環境などによって寿命を長くしてあげることは可能です。

しかし鳥類の中でも体の小さなセキセイインコは、平均寿命まで生きることが出来ない個体も少なくありません。

寿命が短くなる原因や、長生きしてもらうためのポイントを見てみましょう。

セキセイインコのメスの方が寿命が短い原因

セキセイインコの中でもメスの寿命が短いのは、メス特有の理由が隠されていました。

セキセイインコに限らず、多くの生き物はメスが出産や産卵をします。
セキセイインコの産卵、これこそが寿命を短くしている原因なのです。

出産や産卵は、どの生き物にとっても命がけです。
自分の身を削って子孫を残していると言っても過言ではありません。

セキセイインコの場合も、産卵は小さな体に大きな負担を与えます。

産卵から受ける負担だけではなく、卵詰まりを引き起こすリスクもあります。
産卵されるはずの卵が卵管に詰まってしまう症状で、卵詰まりが原因で命を落としてしまうメスは多いのです。

セキセイインコのメスは、発情をすると産卵するので、必要以上に発情させないことで卵詰まりのリスクを軽減してあげることが出来ます。

セキセイインコのメスの寿命を伸ばすための注意点

産卵による体への負担や卵詰まりが、セキセイインコのメスの寿命を短くしている原因でした。
このようなリスクから守るために、飼い主として何が出来るのでしょう。

セキセイインコのメスの寿命を伸ばすにはまずは必要以上に発情させないこと

セキセイインコは、オスメス問わず発情しやすい生き物です。
異性のセキセイインコがいなくても、飼い主やおもちゃを相手に発情することも珍しくありません。

セキセイインコを可愛がるあまりコミュニケーションが頻繁になると、セキセイインコは飼い主を相手にして発情します。飼い主としては愛情を注いでいるだけなのですが、発情を誘発しているとも言えるのです。特に背中を撫でられると発情が誘発されやすいので、コミュニケーションの頻度や方法には注意しなければなりません。

大切なセキセイインコに長生きしてもらうコツ

頻繁に発情させないことが、セキセイインコのメスの寿命を伸ばすための注意点ですが、他にも長生きしてもらうためのコツはあります。

生き物を育てる上では基本的なことなので、改めて理解しておきましょう。

体重を量る

セキセイインコは体の小さな鳥類なので、本来は敵から狙われやすい立場にいます。
敵から狙われないために、弱っている姿は極限まで見せません。

餌を食べているフリをして、実は食べていないなんてこともあります。

もし餌を食べていなかったら、その期間が一日であってもセキセイインコは命を落とす可能性があります。一日餌を食べていないことを見た目で判断するのは難しいので、毎日体重を量ることが大切なのです。

同時に肥満になっていないかということも判断出来ます。
肥満もセキセイインコの寿命を短くしてしまう原因の一つなので、適正体重かということをチェックしましょう。

排泄物もチェック

排泄物は健康状態を表します。
いくら元気に装っていても、排泄物で異変に気付くことが出来ます。

毎日チェックしていないと異変に気付きにくいので、体重と同じく毎日の確認が必要です。

セキセイインコに適した生活のために工夫をしてあげましょう

セキセイインコが健康的に過ごすために、セキセイインコにとって適した環境を作ってあげることは不可欠です。

意外と多いのが、セキセイインコの散歩中の事故です。

セキセイインコはケージの中だけの生活では運動不足になってしまい、肥満の原因になるだけではなくストレスも溜まってしまいます。
なので、ケージから出して部屋の中を自由に飛ばせてあげることも大切です。

しかし、窓を開けたままにしていて外へ出てしまった。
ドアなどにセキセイインコが挟まってしまった。
セキセイインコが歩いているところに物を落としてしまった。
などのハプニングもあるようです。

部屋の中を散歩するには、自由であることと安全であることが重要です。

たっぷり運動をしたら休息が必要です。

セキセイインコは一日の半分以上を眠って過ごします。
人間もそうですが、睡眠時間が足りないと不調を感じますよね。

セキセイインコも同じです。

質の良い睡眠を取れるよう、夕方になったらケージに布を被せてあげましょう。
照明や物音を気にせずに、眠ることに集中してくれます。

気温の低くなる季節には温度管理も注意しましょう。

セキセイインコにとって心地良い温度は20~30度です。
人間にとっても過ごしやすいと感じる温度なので設定しやすいですが、20度を下回る環境も、30度を上回る環境も苦手です。

適温になっていることを判断しやすくするために、部屋に温度計を置いておくといいでしょう。

セキセイインコのメスの寿命が短くなってしまう理由や、セキセイインコを健康的に育てるためのコツを紹介してきました。

生きている限り寿命があり、最期を迎えることは仕方ありません。
それは避けられない現実です。ただ、その寿命や人生を変えることは十分に可能なことです。セキセイインコとの時間を幸せなものにするために、飼い主として出来ることを改めて考えてみましょう。