文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方は変わってきます。

ペットショップで購入した雛は、今まで通りにあげることをおすすめします。

文鳥の雛を育てるための環境や食事の作り方、あげ方を紹介します。食事をあげるときには、声をかけながらあげるといいそうです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

文鳥の雛換羽が終わらないのはなぜ?原因と雛換羽時期の育て方

文鳥は雛から成鳥するために雛換羽の時期を迎えますが、雛換羽がなかなか終わらないことがあります。飼...

文鳥の鳴き声はオスの方が大きい?文鳥の鳴き声や性格について

マンションやアパートなど、ペット不可の賃貸でも、鳥ならOKという所も少なくはありません。そこで見た目...

オカメインコが餌を食べないときは?食べてくれるようにする方法

オカメインコの雛をお迎えして餌を食べないときにはどうしたらいいのでしょうか?どのくらい、餌を...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

インコでしゃべるのが上手な種類とおしゃべり上手に育てるコツ

これからインコを飼い始めたいという時には、しゃべるのが上手な種類のインコを育ててみたいと思う方も多い...

セキセイインコの雛の育て方。初めて雛を飼育するためのポイント

セキセイインコを雛から育ててみたいという方は多いと思います。雛のうちから飼育して、手乗りでコミュニケ...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。そもそもインコの爪切...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

インコがかえらない卵を温める理由と対処法

1羽だけで飼育しているインコが、ある日卵を生んでいるというのは珍しいことではありません。かえるはずの...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。では、それはどうしてなのでしょうか...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

インコのケージの置き場所はココがおすすめ!置く時の注意点

インコのケージの置き場所はどのようなところに決めたらいいのでしょうか。インコが安心して過ごせ...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

スポンサーリンク

まずは環境を整えてあげましょう!文鳥の雛の育て方

文鳥の雛を家に迎え入れたらまずは、温かく見守るという事です。最初は人間の方も文鳥が可愛くて可愛くて放っておくことの方が難しいですが、文鳥の雛も環境が変わって緊張していますので余計なストレスは与えたくありません。餌の時間以外はまずは見守ってあげるというスタンスでいきましょう。

見守るというと何もしない事なのかと思ってしまいますが、意外とする事は多いのです。
まずは室温。

文鳥は寒さと乾燥がとても苦手な生き物です。
室温と湿度には細心の注意を払いましょう。
特に雛のうちはちょっとした温度変化で体調を崩して命に係わる事態を招いてしまう事もあります。

文鳥の雛の育て方で大切なのは温度管理

羽が生えそろうまでは32度くらい、全身が羽毛で覆われたら28度前後を目安に温度を管理しましょう。

部屋全体をこの温度にキープするのはなかなか大変で、室温が32度となると人間にしては暑すぎるという場合もありますのでそうした時には、ケージ周辺を保温する事に努めましょう。
小鳥や爬虫類用に保温電球というアイテムがあります。
これは光は出ないけれど熱を出して周辺を温めてくれるアイテムですのでこのような物を使って文鳥が寒がらないようにしましょう。

また、保湿に関しては濡れタオルを周辺にかけておくだけでも結構ですので、乾燥しすぎないように心がけましょう。

文鳥の雛はどんなものを食べる?食事について

育てる環境が揃ったら、次に重要な物と言えば食事ですね。

文鳥の雛の主食はあわ玉です。

生後20日から45日くらいの雛の餌は挿し餌と言って、人の手でスポイトを使って雛ののどの奥まで餌を入れます。

あわ玉をお湯でふやかして、それに栄養剤やあわ玉だけでは補えない栄養を足して食べさせます。
作り方は、あわ玉に熱湯を入れて少し時間をおいてふやかします。
あわ玉が芯までふやけたら、余分なお湯は捨てて栄養補助の餌を少し混ぜ込みます。
そのままは熱すぎて火傷してしまいますので、少し時間を置いて人肌程度にしてから与えましょう。

なお、この餌は作り置きをする事ができませんのでその都度新しい物を作って与えます。
挿し餌は1日に5~6回程与えます。

生後三週間以上経っている雛をペットショップなどで買った場合にはペットショップの餌のあげ方に慣れてしまっていて、うまく食べてくれない事があります。
そうした時にはペットショップで使っていた道具や餌と同じものを用意してみましょう。

文鳥の雛の食事はこのくらいの時間がおすすめ

文鳥の雛の食事回数は、一日に5回から6回ほどです。

人間の赤ちゃんと一緒で成長するにつれて回数は減っていきますので、家に迎え入れた時の文鳥の週数などによって食事回数は変化します。

食事の回数によって食事の時間を決めて食べさせてあげると忘れることなく食事を与える事ができます。

文鳥も人間と同じように夜は寝ますので日没までには食事を与えるようにすると良いでしょう。

生後45日を過ぎた雛になると食事の回数は一日二回。

ここまで成長した雛については朝と晩で一日二回というように食事を与えると睡眠時間にも間に合います。

雛もお腹が空くと鳴いて空腹を知らせてくれます。
だんだんとなついてきて人間の顔を覚えると、もっと激しく鳴いて食事を要求してくるようになり、本当の親になったような気持ちになります。
この光景も挿し餌をしている時の短い期間しか楽しむことができませんので、お互いに楽しんで食事を与えてあげてください。

文鳥の雛の育て方で大切な食事のあげ方

挿し餌を与える時には、注意をしながら与えなくてはなりません。

まずは挿し餌の濃さにも気を配りましょう。挿し餌を作る時に水分が多すぎると、水ばかりでお腹がいっぱいになってしまいますので栄養がなかなかとれません。
だからと言って濃度が濃すぎると消化管で餌が詰まってしまいますので、適正な濃さにしなくてはなりません。
目安としてはポタージュスープのような少しとろみがあるくらいがちょうどよいとされていますので、意識しましょう。

また、挿し餌をあげる時にはそのうと呼ばれる部分に餌を入れる事を意識して与えます。
雛が口を開いたらのどの奥にスポイトを入れて餌を送り込みます。
餌が入ってくると雛もゴクンと飲み込みます。

4回程送り込んだら、くちばしの下を見てみましょう。
そのうは大体くちばしの下に合って、餌が入ると膨らみます。
これで雛の食事、挿し餌は完了です。

雛の様子を確認しながら楽しい食事の時間を過ごしましょう。

育て方でなつき度は変わる?文鳥の雛との接し方

生き物を飼うという事は責任もかかってくるものですが、責任を持って育てているとおのずとペットからの信頼も出てくるものです。お互いの信頼関係ができると、ペットから話しかけてくれるようにもなりますので、コミュニケーションも大切に育てる事が大切です。日頃から何かの時に話しかけてあげる事で信頼関係は知らず知らずのうちにできます。

鳥が羽を体にピタッとさせて体を細くする時には恐怖を感じている時です。
優しく話しかけてあげる事で警戒心を解き、恐怖を取り除いてあげましょう。
鳥が可愛いからと顔に指先を持っていくと文鳥は相手に敵意を感じてしまいますので、文鳥に指先を向ける事は避けましょう。

頭の毛が逆立っている時には文鳥が怒っているというサインです。
ケージから出して広い所で遊んであげるとストレスが解消されてリラックスできます。

文鳥は話す事が出来ませんがこうして体を使って飼い主に感情を表現してくれますので、ちょっとした変化にも気付いてあげられるようにしたいものです。

また、動物病院では鳥は専門外という事で診察をしてくれないというケースもありますので、文鳥を迎え入れる前にお近くの動物病院に問い合わせて、文鳥に何かあった時にどう対処するのかなどを考慮する必要もあります。

可愛いというだけで飼うのではなく、飼った後もしっかりと責任を持って飼う事ができるように準備してから文鳥を迎え入れましょう。