インコがかえらない卵を温める理由と対処法

1羽だけで飼育しているインコが、ある日卵を生んでいるというのは珍しいことではありません。かえるはずのない卵を温めるインコは、いつまで卵を温め続けるのでしょうか?
そこで、1羽飼育のインコが卵を生む理由や、生んだ卵の対処法についてご紹介します。すぐには撤去をせずに、インコが自然に卵から興味がなくなるのを待ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコが喜ぶおもちゃを100均で調達するには

セキセイインコは、好奇心旺盛で遊び好きです。飼い主と遊ぶのも大好きですが、飼い主さんも常に遊べる...

文鳥が卵を産みすぎるのはなぜ?産みすぎる原因と対策について

文鳥が卵を産みすぎて心配だという飼い主の方も多いのではないでしょうか。卵を産むのは自然なこと...

インコの鳴き声には、どんな意味があるのかについて知りたい

インコは喋る鳥の種類のひとつですが、喋らずに鳴くだけの個体も珍しくありません。ただ鳴くだけでも可...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。しか...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。では、それはどうしてなのでしょうか...

文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方...

インコの飼い方【旅行編】飼い主が旅行に行くときの対処法

インコを飼っている人の中には。旅行に行く計画を立てている人もいるのではないでしょうか。インコに留守番...

コザクラインコの鳴き声の種類とその時の気持ちを理解しよう

ペットショップでコザクラインコの鳴き声を聞くと、そのかわいい声に魅力を感じて飼いたくなってしまうので...

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

セキセイインコの雛の育て方。初めて雛を飼育するためのポイント

セキセイインコを雛から育ててみたいという方は多いと思います。雛のうちから飼育して、手乗りでコミュニケ...

セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。し...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

スポンサーリンク

1羽飼育のインコが卵を生む理由

インコを飼っている方、卵を産んで、見た瞬間、その卵がとても可愛らしく見えませんか?インコは卵を産んだら、その卵を温める習慣があります。人間でも、子供を生むのは簡単ではありません。それは、私達がペットとして飼うインコも一緒。インコも一生懸命、卵を産みます。

インコは、なんと1日で1個の卵を産むことができるんです。

その理由は、生理が来る回数が人とインコでは違うからです。女性は、1ヶ月に1回生理が来ますが、それがインコになると、なんとかなり短く、1日に1回になります。かなり早いペースでインコは卵を産みます。

栄養が卵にすべて行ってしまうので、出産中のインコはかなりエネルギーを使い、もしかしたら、弱っている状態にあるかもしれません。あまり産みすぎると、インコに負担をかけすぎているので、注意して下さい。卵の産みすぎもインコからなんだかの危険なサインをもらっていることになります。

インコはいつまで卵を温めるのか、卵を撤去するタイミング

インコは時期になれば、1日に1個、卵を産み、産んだ後は、その卵を温める。

大体、20日間くらい、卵を温め続けます。

飼い主として注意して欲しいのは、その期間、インコからその卵を取り上げないことです。温める対象がないと、インコはどんどん卵を産み続けてしまい、それが、インコにも負担になります。取り上げるのなら、上記でも説明しているように、20日を目安にして下さい。

20日以上たって、卵になんの変化も無いとなると、インコも諦めるようです。そのタイミングを見計らって、インコから卵を取り上げるのです。

あなたがどうしてもインコを取り上げたいのなら、卵を産んで、20日目にして下さい。あまりすぐに卵を取り上げてしまうと、インコが温める対象がなくなったと思い、また卵を産みます。

産みすぎるとインコには負担になります。あまり産むペースを早めないで下さいね。

インコが卵を温める時には適切なタイミングで偽卵を使う方法も

インコにあまり卵を産ませない方法もあります。

インコは卵があると、それを20日間、温め続けます。

その対象物がないと、また卵を産んで、インコからもっとエネルギーが取られてしまいます。

あまりインコに卵を産んで欲しくない、インコの体調のことも考えて、産む卵の個数を調節したい、であれば、卵に見えるものをインコの側に置いて、まるで、もう卵を産んだ気分にさせてあげて下さい。

よく使われるのは、卵の形をしたプラスチックのおもちゃのようなものです。それがあると、インコはもう卵を産んだと誤解し、それ以上卵を産まなくなります。
少し産み過ぎかな、であったり、ちょっとインコの体調が気になる、そんな状態なら、卵を産んだ時に、次の卵を産まないように、嘘の卵を置いて下さい。それで、インコが出産するスピードは落ちますし、出産に使う余分なエネルギーも使わずに済みます。

インコの産卵をを少なくさせるために

インコも卵を産む時は産みます。でも、インコが卵を産んでしまうと、パワーや栄養素が卵に行き、親インコは弱まります。

卵の個数をコントロールすることもできます。それ以外では、あまり卵を産みたい気分にさせないこともできます。やる気がなければ、卵を産む個数も減ります。

インコのケージの中におもちゃを入れない

インコは、楽しい、面白い、何か興奮していると、それで卵を産みます。楽しいとか、ルンルンな気分だと、卵を産むやる気を刺激してしまうようです。

そのため、インコがあったら楽しむものをケージに入れないことです。これがあったら、インコが興奮してしまって、卵を産むやる気を出してしまう。それを取り払って下さい。

日光を浴びたら、産んでしまう

日光を浴びたら、反射的に卵も産んでしまいます。どんどん卵を産んでいるのなら、日光に当たる時間が長すぎるのかもしれません。少し日影で様子を見て下さい。

背中を触らない

この箇所を触れると、刺激されて、卵を産みやすくなります。インコの背中は触らないことです。

ペアで飼育したインコが卵を温める時には有精卵の可能性が。卵の確認方法

オスとメス、両方飼うと、産まれた卵には命があり、有精卵かもしれません。飼い主は、産まれた卵が有精卵なのか、それとも、時期を待っても何も起こらない無精卵なのか、確認しながら、卵を取り除かなくていけません。

有精卵には、血管がある

どう見分けるか?20日くらい経つと、有精卵には変化が見られます。それは、後にひよこになることもあり、血管が浮き出て見えるのです。それが見えるのなら、その卵はこれから孵化して、ひよこに成長します。それが見えず、単純に黄身だけなら、それは、無精卵になります。

インコも産まれた卵をまず、20日間温めます。温めた結果、血管が見えるのなら、それは、これからひよこになる有精卵です。それが見えないのなら、捨てても構わない無精卵です。とりあえずは20日間様子をみて、血管があるのかないのか、確認して下さい。無いのなら、遠慮なく、捨ててしまって構わない卵になります。

インコは人間と違い、1日に1個卵を産みます。その時にかなりのエネルギーを使います。そうすると、卵を産めば産むほど、インコには体に負担がかかります。そうならないためにも、ケージに好きなおもちゃを置かない、触れる場所を考慮する、日光にはあまり浴びせないなど配慮が必要になります。簡単なのは、嘘の卵を置くことだと思います。日影にインコを移動させる、背中は触らないなど、あまり卵を産むやる気を刺激しないで下さい。