セキセイインコのおもちゃを手作りする参考になるものを知りたい

セキセイインコは、遊び好きですので、一日に遊ぶ時間を設けて、触れ合うのは、とても良いことです。
しかし、いくらセキセイインコが遊びたがっていても、一日中遊んであげるわけにはいきません。
そういった時に役立つのが、おもちゃです。
専用のおもちゃを買うのも良いですが、安くて、壊れてもすぐに修理が出来る、手作りもおすすめです。
そんな手作りおもちゃを作る時の参考になるものをいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。そもそもインコの爪切...

セキセイインコがおもちゃを怖がる理由は?原因と対処法

飼っているセキセイインコに喜んでもらおうとおもちゃを与えても、おもちゃを怖がるような仕草を見せること...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

【文鳥の飼い方】手乗り文鳥を育てるポイントと飼い方・注意点

これからペットとして文鳥をお迎えしようと考えている人もいますよね。文鳥を手乗り文鳥にするには、一体ど...

インコの鳴き声で気持ちがわかる様々な鳴き声をご紹介

インコはただ鳴いているように聞こえても、よく聞いてみると、その時々で鳴き声に違いがあるように感じませ...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

インコのケージのレイアウトを考えるポイントと必要なもの

これからインコを飼おうと思っている方は、インコを迎えるにあたって、どんなものを準備すれば良いのか、ケ...

文鳥の雛の育て方とは?環境作りと食事の与え方について

文鳥の雛はどのような育て方をしたらいいのでしょうか?生まれてからどのくらい経っているかで食事の与え方...

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

インコが餌入れをひっくり返すのはなぜ?対処方法について

インコが餌入れをひっくり返すことがあります。間違ってひっくり返しているのではなく、明らかにわざと行な...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。しか...

インコでしゃべるのが上手な種類とおしゃべり上手に育てるコツ

これからインコを飼い始めたいという時には、しゃべるのが上手な種類のインコを育ててみたいと思う方も多い...

オカメインコの飼い方を知りたい。雛から飼う場合は

オカメインコは可愛らしい見た目と、おっとりして人懐っこい性格で、インコの中でも根強い人気を持つ種類で...

スポンサーリンク

セキセイインコのおもちゃを手作りする時に気をつけたいこと

セキセイインコは遊ぶのが大好きです。

自宅で飼っている可愛いセキセイインコには、手作りのおもちゃで楽しんでもらいと思っている人も多いでしょう。

市販のものを買うのも良いですが、愛情をかけておもちゃを手作りしてあげると、セキセイインコとの絆がさらに深まりそうです。

おもちゃの手作りは素材に注意

ぶら下がり系のおもちゃを作る時、ビーズなどで飾りをつける事がありますが、ウッドビーズには注意が必要です。

セキセイインコはぶら下がっているおもちゃをガジガジとかじってしまいます。

木の素材でできたウッドビーズだと、すぐに壊れてしまう可能性があります。

また、木に塗装がされているウッドビーズの場合、かじっているうちに塗装が剥がれて、インコの体内に吸収されてしまう可能性があります。

万が一健康被害が出てしまったらかわいそうなので、ウッドビーズは避けるようにしましょう。

細い紐などを使った場合も、かじってほつれてしまうと、脚に絡まってしまう事もあるので注意が必要です。

留守中にどんどん絡まってしまうと命の危険もあります。

セキセイインコはかじるのが大好きな生き物です。

かじっても簡単には壊れないような素材選びを慎重に行いましょう。

セキセイインコのおもちゃを手作りするなら、100均グッズを使おう

セキセイインコのおもちゃは、身近なものや手頃な値段で買えるアイテムを使って簡単に作る事ができます。

可愛いセキセイインコのために、世界に一つだけのオリジナルおもちゃを作ってあげましょう。

おもちゃの材料はすべて100均でそろえる事ができる

100均はバリエーション豊かで、手作りおもちゃの材料をそろえるにはピッタリの場所です。

たとえおもちゃが壊れてしまっても、100均ならすぐに新しい材料を買って直してあげる事ができます。

家にあるダンボールや針金などと100均グッズを上手く組み合わせれば、安くてオリジナリティ溢れるおもちゃを作る事ができるでしょう。

100均には可愛くてカラフルな材料がたくさん売っているので、見た目も可愛らしくセキセイインコも喜んでくれるでしょう。

失敗しても「まあいっか」と手軽にはじめられるのも100均の良いところです。

セキセイインコの手作りおもちゃを超簡単に作るなら

セキセイインコが喜ぶおもちゃとはどのようなものでしょうか?

セキセイインコにもそれぞれ性格があり、好みが分かれるので自分のセキセイインコに合ったおもちゃを考えて作ってあげましょう。

100均グッズを使って簡単にできるおもちゃの作り方を紹介するので、参考にしてみて下さい。

セキセイインコ用ブランコの作り方

【材料】

  • 柳リース
  • 綿ロープ

【作り方】

  1. 綿ロープを3本、25センチの長さに切ります。
  2. 柳リースを横にして、3本の綿ロープが均等な位置になるように巻きつけて縛ります。
  3. ロープを上で3本まとめて縛ってぶら下げたら完成です。
  • 柳リースは特に加工することなくぶら下げるだけなのでとっても簡単です。
  • 柳はインコに安全な木材なのでかじっても大丈夫です。
かじりすぎてささくれのようになるとさすがに危険なので注意してください。

綿ロープは常備しておくと、セキセイインコのおもちゃ作りに重宝します。

セキセイインコが喜ぶ手作りおもちゃは、こんなのもおすすめです

セキセイインコはつり橋を渡るのが大好きです。

インコ用のつり橋は市販されているものもありますが、長さなどのサイズを自由に設定できるので手作りするのがおすすめです。

つり橋を作るための材料も100均やホームセンターで簡単にそろえる事ができます。

セキセイインコ用つり橋の作り方

【材料】

  • 丸棒(90センチ) 1本
  • 綿ロープ(太さ4ミリ)

【作り方】

  1. のこぎりを使って丸棒を丁度良い長さにカットします。
  2. 丸棒に綿ロープを通すための穴をドリルを使って空けます。
  3. 丸棒のカットした断面や穴を空けた部分にヤスリをかけて綺麗に整えます。
    ※セキセイインコが怪我をしないように、なるべく綺麗に仕上げてあげましょう。
  4. 丸棒の穴に綿ロープを通し、丁度良い間隔で結び目を作りながら固定していきます。
  5. 最後の丸棒を固定したら、両端の長さを調節できるように少し長めに残して完成です。
セキセイインコが家の中でちょっとしたアスレチック遊びをするのに最適です。

穴あけドリルがあれば誰でも簡単に作る事ができますよ。

セキセイインコが手作りおもちゃで遊ばない時は

可愛いセキセイインコのために、せっかく手作りおもちゃを作ってあげても、なかなか遊んでくれない場合もあるでしょう。

  • 手作りではなく、市販のおもちゃの場合でも遊んでくれない事はあります。
  • セキセイインコの性格によっては、人工物が苦手でおもちゃがある事がストレスになってしまう場合があります。

セキセイインコにもそれぞれ性格あり

オスのセキセイインコはおっとりした性格が多く、メスのセキセイインコは気が強い傾向にあると言われています。

神経質な性格のセキセイインコの場合、おもちゃが怖いと感じているかもしれません。

そんな時は、おもちゃをケージから離れた場所から見せてあげて、興味を示すものを観察してみましょう。

飼い主がおもちゃで遊んで見せると興味を持つ場合もあります。

放鳥時のセキセイインコが何に興味を持っているのかよく観察する事も大切です。

例えばティッシュを引っ張り出していたり、ペンを落としたり、何かをこすったり壊したり…。

放鳥時はセキセイインコの好みを調べる絶好のチャンス

ティッシュの中などにおもちゃを隠しておいて、インコ自身に見つけさせるのもおもちゃに興味を持たせるための良い方法です。

好みに合ったおもちゃを用意してあげればきっと遊んでくれますよ。

セキセイインコにとって孤独や退屈は想像以上につらい事です。

飼い主が家を留守にする時などは、お気に入りのおもちゃがあると退屈を紛らわせる事ができます。

ケージにおもちゃを置くのに抵抗がある人は、別の方法で退屈させないための工夫を考えなければなりません。