コザクラインコの鳴き声の種類とその時の気持ちを理解しよう

ペットショップでコザクラインコの鳴き声を聞くと、そのかわいい声に魅力を感じて飼いたくなってしまうのではないでしょうか。

実は、鳴き声は人間の言葉をまねているだけではなく、その時の気持ちを表しています。
今回は、コザクラインコの鳴き声の種類とその時の気持ちについて説明します。コザクラインコがどんな気持ちで鳴いているのか理解しましょう。

また、初心者のためのコザクラインコの飼い方や注意点についても説明します。平均寿命は約15年と言われていますが、飼い主として長生きさせてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥の爪切りはいつから?爪切りの目安やコツをご紹介

文鳥や鳥を飼育し始めると、爪がどんどん伸びてきて、爪切りを行わなくてはいけなくなります。 しか...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ

セキセイインコの平均寿命はメスの方が短命なことが多いようです。 では、それはどうしてなのでしょうか...

文鳥の雛換羽が終わらないのはなぜ?原因と雛換羽時期の育て方

文鳥は雛から成鳥するために雛換羽の時期を迎えますが、雛換羽がなかなか終わらないことがあります。 飼...

インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。 しか...

インコでしゃべるのが上手な種類とおしゃべり上手に育てるコツ

これからインコを飼い始めたいという時には、しゃべるのが上手な種類のインコを育ててみたいと思う方も多い...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

セキセイインコの雛の育て方。初めて雛を飼育するためのポイント

セキセイインコを雛から育ててみたいという方は多いと思います。雛のうちから飼育して、手乗りでコミュニケ...

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

文鳥が卵を産みすぎるのはなぜ?産みすぎる原因と対策について

文鳥が卵を産みすぎて心配だという飼い主の方も多いのではないでしょうか。 卵を産むのは自然なこと...

インコが餌入れをひっくり返すのはなぜ?対処方法について

インコが餌入れをひっくり返すことがあります。間違ってひっくり返しているのではなく、明らかにわざと行な...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。 そもそもインコの爪切...

文鳥の雛の食事「挿し餌」について、気になる方法や回数をご紹介

鳥は雛のうちから育てると、人によくなつき可愛いですよね。しかし雛のうちは食事が大変なのをご存知でしょ...

スポンサーリンク

コザクラインコの鳴き声の種類とその時の気持ちについて

コザクラインコを飼っている方は、毎日、色んな鳴き声を聞くと思います。今朝はこんな声を聞いたし、昼はまた違う鳴き声を聞きます。

コザクラインコの内面の感情は、鳴き声に表れています。

鳴き声「チッチッチ」

例えば、「チッチッチ」とよく聞きませんか?そんな「チッチッチ」という鳴き声は、何か気持ちが騒いでいる時にそのような鳴き声を出します。

何かをして、楽しい、自分が好きなものを見て、嬉しい、そんな時に「チッチッチ」という鳴き声を出します。

鳴き声「ギャー」

まるで人間と同じで、何か拒否反応を見せている時に出す鳴き声です。

飼い主として気をつけたいのは、コザクラインコがこの「ギャー」という鳴き声を頻繁に聞くのなら、何かあなたがしている行動でコザクラインコを脅かす行動が含まれているのだと思います。

だとすると、あなたがしている行動の中で、何かコザクラインコを脅かすものがあるのだと思います。どんな時に「ギャー」という声を出すのか、少し観察して下さい。

コザクラインコが鳴き声がうるさい場合は、気持ちを考えて対処しましょう

コザクラインコは鳴きます。それが自然です。でも、その鳴き声があまりにうるさすぎると、何かかしらのサインをコザクラインコがあなたに示しています。

餌が欲しいから鳴いている?

ひょっとしたら、コザクラインコが空腹で、お腹が空いているから、鳴いているのかもしれません。鳴いている状態がいつもより長いのなら、なんだかのサインです。もしかしたら、餌が欲しい、お腹が空いているというサインをコザクラインコがあなたに出しているのかもしれません。

何か怖いと感じる物体が部屋にある?

猫など小動物を見ても、コザクラインコは鳴きます。あなたが用意した、新しいおもちゃに向けて、「これはなんだ」とストレスを感じて鳴いている、コザクラインコの中にも何か恐怖心、警戒心があって、そんな鳴き声を出しています。あまり耳につくようなら、部屋の中にコザクラインコが警戒するものが怖がるものがないかどうか、確かめるべきです。あまりコザクラインコがストレスを感じてはいけませんから。

コザクラインコは言葉は話せない?でも、自分の名前を言うこともあります

他の種類のインコに比べたら、コザクラインコはそんなに言葉が話せるインコではありません。でも、だからといって、全く話せないという訳ではありません。

あなたも毎日、コザクラインコの名前をコザクラインコに向けて、言いますよね?自分に与えられた名前くらいは、言えるようです。

難しい単語や、あの単語も、この単語もと複数の単語を覚えれるわけではありません。でも、自分の名前くらいは、発音することができるようです。

コザクラインコを飼っている皆さん。諦めないで下さい。名前くらいなら発音してくれるようです。

コザクラインコの行動にも気持ちが表れます

コザクラインコの感情は、鳴き声だけではなく、行動にも表されます。例えば、テレビの動物が紹介されるシーンでも、頭を上下に下げて、ニコニコしている表情を見れます。

そんな時は、コザクラインコの機嫌がいい、何かハッピーなことがあった証拠です。飼い主と上手にコミュニケーションが取れて、ストレスが消えたのかもしれませんし、自分の好きなおもちゃを見たのかもしれません。

逆に、コザクラインコも熱い時、「熱い」というしぐさを呼吸で示します。呼吸の回数がいつもより荒いなど、人間でも見せる行動をコザクラインコも見せます。

また、片方の目を閉じている時は、眠い証拠。なんだか人間も同じような行動をとってしまいそうですよね。

なんだか、コザクラインコが妙にあなたの方によってくる時は、あなたともっとコミュニケーションをとりたい証拠です。そんな時は、話しかけてあげたり、一緒になって、遊んであげて下さい。

まるで寝言のように聞こえる鳴き声は眠いサインです。人間と一緒のように見えますね。

コザクラインコを飼う場合は「鳴き声」対策も必要です

どのインコも鳴きます。コザクラインコも様々な鳴き声を出します。だからこそ、ペットを飼う時は、鳴き声に対する対策も必要になります。

すぐにコザクラインコの要求には答えない

観察していると、どうしてコザクラインコが鳴いているのか、理由がわかるようになります。ですが、すぐにコザクラインコがして欲しいことをすると、「じゃ、鳴けば、すぐにこれをしてくれるのね」とすぐに鳴くようになります。

そうなると、いつも鳴いてあなたが大変になります。それを防ぐためにも、鳴いても、すぐには対応をしないこと。そうすると、コザクラインコが鳴く頻度を低めれるようです。
鳴かなくなったら、コザクラインコが欲しいものをあげる、そんな風にして、しつけをして下さい。そうすることでコザクラインコの鳴き声に対応できます。ケージの中にずっと入れないで、少しは広い場所で飛ばせることも考えて下さい。

コザクラインコは鳴く時に、内側の気持ちを声に出して表しています。「ギャー」という鳴き声を頻繁に聞くのなら、部屋もしくは、あなたがしている行動に何か問題があると思います。コザクラインコが警戒しているものを取り除いて、ストレスから解放して下さい。たまあには広い場所に出して、解放してあげるのも喜びます。また、少しコザクラインコとコミュニケーションもとって下さい。コミュニケーション不足で機嫌が悪いこともあります。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686