インコにおもちゃを与えると怖がるが、どうしたら良いのか

インコは遊び好きで好奇心も旺盛ですので、おもちゃで楽しんで遊べるようにしてあげたいものです。
しかし、それと同時に神経質な一面も持っていますので、新しいおもちゃを怖がる傾向もあります。
とはいえ、せっかく買ったおもちゃを楽しんで欲しいですし、かといって、インコにストレスを与えすぎるようなことも控えなくてはいけません。
ここでは、このようなことが起こってしまう原因と、それに対する対処方法などについてご紹介しますので、インコがおもちゃを怖がってしまって悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコが喜ぶおもちゃを100均で調達するには

セキセイインコは、好奇心旺盛で遊び好きです。飼い主と遊ぶのも大好きですが、飼い主さんも常に遊べる...

インコの雛が餌食べない4つの原因と対処法を詳しく解説

インコを雛から迎え入れ、餌食べない状態が続くと、インコの体調が悪いのではと心配になるのではないでしょ...

文鳥の爪切り頻度と目安・実際の手順と注意点について解説

飼っている文鳥の爪切りを一体どのくらいの頻度で行えばよいかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょう...

文鳥を雛から育てる場合の飼い方、餌のあげ方や育てるコツ

文鳥は可愛くて人気の鳥のひとつですが、雛から飼おうとしたら、飼い方や餌のあげ方はどのようなものなので...

インコがかえらない卵を温める理由と対処法

1羽だけで飼育しているインコが、ある日卵を生んでいるというのは珍しいことではありません。かえるはずの...

オカメインコの飼い方を知りたい。雛から飼う場合は

オカメインコは可愛らしい見た目と、おっとりして人懐っこい性格で、インコの中でも根強い人気を持つ種類で...

インコの鳴き声が小さい種類とは?おすすめを紹介します

インコで鳴き声が小さいのはどのような種類なのでしょうか。周りに迷惑のかからないようにと考えているのな...

インコの飼い方【旅行編】飼い主が旅行に行くときの対処法

インコを飼っている人の中には。旅行に行く計画を立てている人もいるのではないでしょうか。インコに留守番...

【文鳥の飼い方】手乗り文鳥を育てるポイントと飼い方・注意点

これからペットとして文鳥をお迎えしようと考えている人もいますよね。文鳥を手乗り文鳥にするには、一体ど...

インコが餌入れをひっくり返すのはなぜ?対処方法について

インコが餌入れをひっくり返すことがあります。間違ってひっくり返しているのではなく、明らかにわざと行な...

セキセイインコの雛の育て方。初めて雛を飼育するためのポイント

セキセイインコを雛から育ててみたいという方は多いと思います。雛のうちから飼育して、手乗りでコミュニケ...

オカメインコのケージで毎日必要な掃除と週に1度掃除する場所

オカメインコを飼っていると、毎日の掃除も必要になります。鳥にとっても、人間にとっても、毎日の掃除は欠...

セキセイインコの爪切りは病院へ依頼しよう!費用の目安について

セキセイインコが暴れて爪切りができない…初めてセキセイインコを飼う人に多い悩みの一つです。そ...

インコの爪切りの方法や、インコのお世話についてご紹介

インコを育てている時に気になることがあるのが、爪の長さです。インコは人間とは爪や足の構造が違いま...

インコの爪切りは必要?不要?爪切りの頻度ややり方をご紹介

インコを飼い始めてから、「そろそろ爪切りが必要かも?」と迷うかもしれません。そもそもインコの爪切...

スポンサーリンク

インコがおもちゃで遊ばなかったり、怖がる原因とは

インコは好奇心旺盛でおもちゃで遊ぶのが大好きだけど、どんなおもちゃでも遊ぶとは限りません。

インコは神経質な一面を持っている

その神経質な一面からおもちゃによっては怖がったり、遊ばなかったりすることはよくあることです。

全てのインコがそうではないのですが、神経質な一面が強いインコにはこのような傾向が見られます。

これは一説に過ぎませんが鳥の目の発達は優れていて、人工的なおもちゃの色を嫌うインコがいるそうです。
インコはおもちゃで全く遊ばないのなら、これが原因として考えられます。

インコがおもちゃを怖がるなら、それはそのインコがただの臆病者なのでしょう。
慣れてくると次第に遊び出すかもしれません。

怖がるのに無理に遊ばせようとしつこくしてしまうのは逆効果です。
ストレスでインコが弱ってしまいますので注意してください。

インコがおもちゃで遊ばなかったり怖がる原因として考えられることは、インコの目の発達が優れているから、もしくはそのインコの神経質さが強い、臆病者だということです。

あなたが飼っているインコがおもちゃで遊ばない、おもちゃを怖がる原因はどちらでしょう。

インコがおもちゃを怖がる時や、遊ばない時の対処方法

インコにおもちゃを慣れさせる方法

人間でも初めて見るもの触るものが怖かったりしますよね。
インコもそれと同じ感情を持っています。
おもちゃを怖がるのであれば、慣れれば遊ぶようになるでしょう。

せっかく買ったおもちゃですから、飼い主としては楽しそうに遊んでいる姿がみたいですね。

おもちゃをインコの視界に入れる

インコにおもちゃを慣れさせるにはゲージ内から出し、ゲージ外でインコが見える位置に置いておきましょう。
そのおもちゃが無意識に視界に入ることで慣れ、そして危険なものではないと判断させるためです。
そう判断できたインコはそのおもちゃで遊ぶようになります。

くれぐれも無理に遊ばせようとしたり、そのおもちゃでインコを攻撃するような素振りを見せてはいけません。

インコの視界に入る位置に置いて徐々に慣れさせていきましょう。

インコのサイズにあったおもちゃを使う

おもちゃのサイズはインコにあっていますか。

おもちゃがインコより大きいと動物の本能で攻撃されてしまうと思ってしまい警戒します。
また小さすぎるものだとインコのおもちゃにならないこともあります。

インコのサイズに合った丁度良いサイズのおもちゃを選びましょう。

インコがおもちゃを怖がるなら、手作りしてみる

インコのおもちゃと言えども買うとお金がかかります。
買ったおもちゃを怖がるからといって、また新しいものを買うのもなんとなく気が引けますよね。

インコが怖がらないおもちゃを手作り

インコのおもちゃ作りの材料は100均一で購入うできるものばかりで簡単に気軽に作れます。

手作りはどんなものでも買ったものとは違い、温かみがありますよね。
その温かみはきっとインコも感じ取って楽しく遊んでくれる姿を見せてくれることでしょう。

私達素人でもインコのおもちゃを簡単に作ることができますが、素人ならではの危険性もあります。

インコのおもちゃを手作りする時の注意点を下記でご覧ください。

インコ用のおもちゃを作る時の注意点

インコのおもちゃは100均で材料を揃え手軽に作れます。
しかし、その手軽さゆえに危険性が伴うことも忘れないでください。

手作りのおもちゃに足を挟めてしまったり、使用した糸に足を絡めてしまったり、強度が弱く落下してしまったり、材料がもろくかじって壊し誤飲をしてしまったり、などこのような危険があります。

怪我やの命に関わることも少なくありません。

作ったおもちゃは試す前に1度確認しましょう

そして試してみる際は大丈夫かどうか観察して見守ってください。

大丈夫そうでしたらそのまま遊ばせて、危険そうならすぐに撤去して改善しましょう。

インコの安全性を考えて材料を選び、おもちゃの構造を考えることが最も大切です。

インコは遊ぶのが大好き、毎日遊ぶ時間を決めよう

インコはとても好奇心旺盛で遊ぶのが大好きです。

自分自身でおもちゃで遊ぶのも大好きですが飼い主と遊ぶの大大大好きです。
その遊ぶ姿は飼い主にとって目の保養で何時間でも見ていたいですよね。

ですが、インコは小さな体では遊び過ぎもインコに負担を与えてしまいます。
毎日遊び時間を決めて遊ぶことはインコの躾のためでもあります。

遊ぶ時間を決めて長くても1時間程度でゲージに戻してあげましょう

飼い主との信頼感はインコと目を見つめ合うことで生まれてきます。たくさん遊び見つめ合って、インコとの生活を楽しみましょう。

最後になりますが、インコ自体の性格は好奇心旺盛で神経質です。
それは個体によって大きく異なり神経質な面が強ければ強いほどおもちゃに対しても警戒心を持つようになります。
いかに経過心をなくしてあげるかも飼い主の力にかかっています。

正しいおもちゃの慣らし方でインコのストレスを軽減してあげましょう。