ビオトープの水草選び!越冬できて育てやすい水草の選び方

自宅にビオトープを作り、自然に近い状態でメダカなどを飼育する方も増えています。そのビオトープの準備で必要な物の一つに、水草があります。水草にはいろいろな種類がありますが、越冬できるものを選ぶのがおすすめです。
そこで、ビオトープで、屋外で越冬できる水草の選び方や、冬の管理の方法についてご紹介します。ビオトープには簡単な冬支度が必要です。春にまた元気が姿が見られるように、冬を上手に越すコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラティの稚魚の成長速度と出産サイクル・繁殖させる時の注意点

プラティの繁殖に挑戦しようと考えている人の中には、プラティの稚魚が一体どのくらいの早さで成長するのか...

ビオトープのメダカの冬越しの方法。ビオトープの冬支度

自然の環境に近い状態でメダカを飼育することができるビオトープ。冬の間はどのようにすると良いのでしょう...

【コリドラスの病気】体に白い塊が付着する病気についてご紹介

ナマズの一種のコリドラスは、ナマズ特有の可愛らしさがあり人気の熱帯魚です。また飼育しやすいという点で...

金魚が金魚を追いかけるときの対策や改善方法を紹介します

金魚が金魚を追いかけるときにはどんな対策をとればいいのでしょうか?なぜ、金魚は追いかける行動...

金魚が白いフンをする原因と対処法!金魚を元気にする治療法

金魚がいつもと違う白いフンをしたとき、飼い主さんは金魚の具合が悪いのではないかと心配になってしまうも...

ビオトープの金魚を越冬させる方法や注意点をご紹介

ビオトープを庭に作る方が増えています。またビオトープで金魚やメダカなどを飼育している方も、多く見かけ...

メダカの寒さ対策に発泡スチロールの蓋が効果的な理由

メダカを越冬させる時、水が氷るのを防ぐために有効なのが発泡スチロールで作る蓋です。他にも蓋になる...

結構気になる水槽用上部フィルターの音。今すぐ何とかしたい

熱帯魚がいる生活は、私たちに癒やしを与えてくれます。水中を優雅に泳ぐ姿は、時の流れまでをも優雅に...

ビオトープでメダカを繁殖させる方法。採卵を簡単にするコツ

自然の環境に近いビオトープでメダカを飼育している方も多いと思います。ビオトープには、水槽で飼うのとは...

金魚の病気で白い膜がでるのは何?治療方法や予防方法

金魚に白い膜ができる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。主な原因は、水カビや寄生虫となります。...

スポンサーリンク

ビオトープに適した越冬できる水草の選び方

日本に自生している水草は寒さに強く、越冬出来るものがあります。

ですが、水が凍ってしまっては越冬はできません。冬に水が凍ってしまう地域では室内に入れて越冬させますが、水が凍らない地域ではそのまま屋外に置いて越冬させましょう。

越冬が可能な水草は、アナカリス、オオカナダモなどの水中植物、水中葉などのミズユキノシタ、ヘアーグラス、ロタラインディカなどがあります。

また、浮き草なども越冬できるとさせているのでホテイアオイやスイレン、サルビニア・クララータなどを選んでみても良いです。

浮き草は、越冬中は元気がなく、枯れているように見えますが、そのまま水に浮かべておけば春には新しい芽をだしますので、色が変わったからといって捨ててしまわずに様子を見るようにしてください。

ビオトープに使いたい越冬できる水草

上記の他にも越冬出来る水草は沢山あります。

水中に完全に浸かった水草は水温に影響を受けにくいので越冬可能です。

水草には、ウォーターバコパやナガバオモダカ、ラージパールクラスなどがあります。

自ら葉が飛び出しているタイプの水草も水量をきちんと管理すれば越冬が可能です。

こちらは、アンペライやトクサなども越冬出来ます。

水の中に完全に入っている水草などで越冬可能なものは、オモダカやスイレンなどがありますが、越冬出来る根の張った水草は宿根と呼びます。

宿根は時期が来ると枯れてしまう植物とは違い、一年通して育っていき、花も咲かせてくれます。
越冬を考えているのなら、宿根の水生植物や水草を選んで植えると良いですよ。

ビオトープの越冬で大切なポイント

冬の時期になると葉は枯れてしまい、見た目には生きてないように見えます。ですが、水草の根は生きていて、春になるのを待っている状態です。枯れてしまった様に見えても引っこ抜かずにそのままの状態にして様子を見るようにしてください。

越冬で一番大事なことは水を凍らせないことです。

凍ってしまっては生き物すべてが生きられない状態になってしまいます。
水は流動しないと凍ってしまいますので、水に流れを付けるか、エアーを入れて凍らないようにしてください。また、動きが付きやすい物を浮かべておくと風て浮いたものが動き凍らないようにできます。
お子さんの使わなくなったお風呂のオモチャや、なければ軽くて動きが出る発泡スチロールなどを浮かべておくと良いです。

また、深さのある鉢にすると温度の変化が起きにくく、下まで凍りずらいので、越冬をさせるときは深めの容器をあらかじめ購入しましょう。また、鉢を陶器などにするとより効果的で、外気の温度変化に対応できます。

根がしっかり張っていれば越冬しやすいので、底土は敷くようにしましょう。砂利よりも底土の方がしっかりと根を張る事ができるので、こちらも事前に越冬を考えているのならば底土を選びましょう。

初心者でも育てやすい水草とは

越冬も大事ですが、まず育てやすい水草を選ぶ事がビオトープの環境の安定の第一歩です。

せっかく買った水草も枯れてしまっては買い直す手間や、メダカなどの生き物にとっても良くありません。
水質浄化作用もあり、浮かべておくだけでよいアマゾンフロッグや、底土に根を張るアナカリスなどもお勧めです。
また、マツモも代表的な水草で育てやすさもあり初心者にはお勧めです。マツモは根を持たないのでそのまま浮かべておくだけで良いので管理も楽です。
水草は環境が良いとドンドン育っていきます。そのままにしておくと鉢が水草だらけになってしまうことがあるので、伸びてきたらカットするようにします。カットはどこからカットしても構いませんので思い切って丁度よい長さまで切ってしまいましょう。
また、スイレンや、ホテイ草などは株で浮いています。増えてきたら株を分けるようにカットして大きさを整えましょう。

枯れたように見える水草が春には新芽を出すことも

越冬で大事なことは根を枯らさない事です。

根が生きていれば冬には眠っている状態でも暖かくなった春先には新しい芽を出します。
何度も書きますが、葉が枯れても根が生きているので枯れたからと言って水草を捨てたり、引っこ抜いたりしないようにしましょう。

越冬に不安がある場合は、上からカバーを被せたりすると寒気が弱まり越冬させることが出来ます。

注意したいのは、水草などは日光が当たらないと枯れてしまうのです。葉ものの水草を植えている場合は、日が入る透明のカバーなどにするか、小さいビニールハウスなども売っていますのでそちらを設置すると良いです。

また、枯れてきた水草などは、夏場では取って水質を管理しますが、冬場は生物が休眠状態になるので水質も悪化しません。また、枯れた水草が防寒作用も発揮しますので、枯れた水草はそのまま放置して春先などに取る様にしましょう。